「靴の製法」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎マッケイ製法: てにをは)
甲革の縁部分を内側に巻き込まず、外側に広げ、中底・ソールに縫い付ける製法。靴の内側に縫い目が存在しないため、しばしば雨靴などにこの製法が採用される。ただし、外見上は外側に広がった甲革が美観を損ねるので、高級靴にはこの製法は採用されない。カジュアルな靴に多い製法。
 
== ルカナイズ製法 ==
ダイレクト・バルカナイズ製法ともいう。[[チャールズ・グッドイヤー]](グッドイヤー製法を発明したチャールズ・グッドイヤー2世の父親)が発明した、ゴムに硫黄を添加して熱すると硬化するという、ゴムの加硫法(バルカナイゼーション)を用いる製法。無加硫ゴムのソールにアッパーを据え付けたシューズを加硫釜に入れて加圧・加熱することで、ソールのゴムを硬化させ、ソールを成形すると同時にアッパーと接着する。
 
スニーカーの基本的な製法であるが、紳士靴にも使われる。アッパーとソールをセメントで接着するセメント製法に比べ、アッパーとソールをダイレクトに接着するためソールがはがれる心配が無く、耐久性・耐水性が極めて高く、経年劣化も少ない。しかし製造費が高い。
 
== セメント製法 ==
'''セメンテッド式'''や'''セメント式'''などとも呼ばれる。甲革とソールを縫い付けず、糊で接着する最新の製法。糊が改良され、非常に強力な接着力を実現することができた結果実用化された。ミシン工程が存在しないので、靴底から水分が浸入する可能性は無く、雨靴にも採用される。大量生産に最も適しており、一般のビジネスシューズの中では最安価な製法である。また、最近ではソールに通気口を設けてさらに通気性を高めたものもある。
* 長所