「タリーズコーヒー」の版間の差分

→‎概説: 内容追加
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
(→‎概説: 内容追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1992年]]に、[[シアトル]]で[[不動産会社]]を営むトム・タリー・オキーフ({{lang-en-short|Tom Tully O'Keefe}})が開業し、[[2006年]]に初の純益を計上した。アメリカ西海岸を中心に約200店舗のコーヒーショップを運営し、[[スターバックス]]に続いて全米2位の売り上げを誇る。日本では別法人による店舗展開を行っている。
 
同じ[[シアトル系コーヒー]]ショップということでスターバックスとは現在でこそライバル関係であるがスターバックスと同じことをしよう、という名目のもとでオープンしたコーヒーショップであることを忘れてはならない。以前はシアトルの本社施設も向かい合わせに存在した(現在はタリーズの本社が移転した)。タリーズコーヒーは、このように対立するスターバックスに隣接して店舗を開く拡大戦略をとっていたことでよく知られる。シアトルでは、「タリーズコーヒーを探す最も簡単な方法は、スターバックスの前に立ち、あたりを見回すことだ」というジョークがよく言われる。同様にライバル関係であった[[シアトルズベストコーヒー]]がスターバックス傘下に入ったことで、ますます競争は激化している。
 
そうした競争の激化から、[[2012年]][[10月]]に[[連邦倒産法第11章]]を申請し、事実上の倒産。[[2013年]][[1月4日]]の[[競売]]の結果、[[俳優|米俳優]]の[[パトリック・デンプシー]]が47店舗を920万ドルで落札した。デンプシーはアメリカのドラマ「[[グレイズ・アナトミー 恋の解剖学|グレイズ・アナトミー]]」のデレク・シェパード医師役で知られており、同ドラマの舞台であるシアトルを第2の故郷のように思っているため、タリーズコーヒーの名前と従業員を守るために入札したという。なお、日本におけるタリーズコーヒーは、[[タリーズコーヒージャパン]]が、[[2005年]]にライセンス権をアメリカ法人から買い取り、以後アメリカ法人とは独立していたため、アメリカ法人倒産の影響を受けなかった。
1

回編集