「セント・オールバンズの戦い (1461年)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(Cat調整)
m編集の要約なし
|caption=
|conflict=[[薔薇戦争]]
|date=[[1461年]] [[2月2217]]
|place=[[イングランド]]、[[ハートフォードシャー]]の[[セント・オールバンズ]]<br>
<center>{{ウィキ座標度分秒|51|45|18|N|0|20|9.6|W|}}</center>
|combatant1=[[ヨーク朝|ヨーク家]]
|combatant2=[[ランカスター朝|ランカスター家]]
|commander1=[[リチャード・ネヴィル (第16代ウォリック伯)|ウォリック伯]]<br />[[ジョン・ネヴィル (初代モンターギュ侯)|モンターギュ男爵]]{{POW}}<br />[[ウィリアム・ボンヴィル (初代ボンヴィル男爵)|ボンヴィル男爵]]{{Executed}}<br />[[トーマス・キリエル|サー・トマス・キリエル]]{{Executed}}<br />ほかブルゴーニュ傭兵500
|commander2=[[マーガレット・オブ・アンジュー|マーガレット王妃]]<br />[[ヘンリー・ボーフォート (第3代サマセット公)|サマセット公]]<br />[[ヘンリー・ホランド (第3代エクセター公)|エクセター公]]<br />[[ヘンリー・パーシー (第3代ノーサンバランド伯)|ノーサンバランド伯]]<br />[[ジョン・タルボット (第3代シュルーズベリー伯)|シュルーズベリー伯]]<br />[[トマス・コートニー (第6代デヴォン伯)|デヴォン伯]]<br />[[ジョン・クリフォード (第9代クリフォード男爵)|クリフォード男爵]]<br />[[トマス・ド・ルーシュ (第9代ルーシュ男爵)|ルーシュ男爵]]<br />[[ジョン・グレイ・オブ・グロービー (第7代フェラーズ男爵)|フェラーズ男爵]]{{KIA}}<br />[[アンドリュー・トラロップ]]<br />ほかスコットランド兵
|strength1=10,000以下
|strength2=15,000以下
{{GBthumb|141|201|TL147073}}
 
(第2次)'''セント・オールバンズの戦い'''(Second Battle of St Albans)は、[[薔薇戦争]]中の[[1461年]][[2月2217]]、[[セント・オールバンズ]]の街の近くで行われた戦闘。
 
== 戦闘の背景 ==
[[ヨーク公]][[リチャード・プランタジネット (第3代ヨーク公)|ヨーク公リチャード]]は[[1460年]]12月の[[ウェイクフィールドの戦い]]で戦死し、後を継いだ18歳になる息子のマーチエドワード(後の[[エドワード4世 (イングランド王)|エドワード4世]])は、その直前に西で行われた[[モーティマーズ・クロスの戦い]]に参加していて忙しかった。となると[[マーガレット・オブ・アンジュー|マーガレット王妃]]率いる[[ランカスター朝|ランカスター派]]にとってとるべき道は明確である。ランカスター派は[[ロンドン]]を強襲するため、南進を開始した。
 
== 戦闘の様子 ==
ランカスター派の進軍は、[[ウォリック伯]][[リチャード・ネヴィル (第16代ウォリック伯)|ウォック伯チャード・ネヴィル]]指揮下のヨーク派軍によってセント・オールバンズの近くで妨げられた。ウォリックは防衛のための軍備・陣容を整えていたが、ランカスター派の思わぬ方向からの出現に驚き、打ち負かされた。弟のモンターギュ男爵[[ジョン・ネヴィル (初代モンターギュ侯)|ジョン・ネヴィル]]は捕虜となり、ウォリック伯は辛うじて戦場から離脱、マーチ伯との合流を図り西へ退却した。
 
この戦いは従来と違い下級兵士の犠牲が多く、戦死した貴族はランカスター派のフェラーズ男爵{{仮リンク|ジョン・グレイ・オブ・グロービー|en|John Grey of Groby|label=ジョン・グレイ}}([[エリザベス・ウッドヴィル]]の最初の夫)のみであった。
 
== 戦闘の結果 ==
この戦勝によって、ヨーク派に捕らわれていた国王[[ヘンリー6世 (イングランド王)|ヘンリー6世]](戦場にいたといっても恐遠ざけられ、木の下で歌でも笑いながら歌っていたのであろうがとされる)はランカスター派に連れ戻された。だが、ロドンへリー6世進軍は強行されなか護衛役だった。ラカスター派による略奪行為のうわさのためロヴィル男爵[[ウィリアム・ボヴィル (初代ボ市民がその城門が閉ざしたようでヴィル男爵)|ウィリアム・ボンヴィル]]と{{仮リンク|トーマス・キリエル|en|Sir Thomas Kyriell}}は翌日ため王妃は躊躇[[2月18日]]にマーガレットと話合っ。またマ[[エドワード・オブ・ウェストミンスタチ公|エドワードがモーティマ]][[プリンス・オブ・ウェ・クロス|王太子]]戦い命令勝利したニュースもその原因となっ処刑された。
 
だが、ロンドンへの進軍は強行されなかった。ランカスター派による略奪行為の噂のためロンドン市民が城門を閉ざし、マーガレットが躊躇したからである。マーチ伯がモーティマーズ・クロスの戦いで勝利したニュースもその原因となり、ランカスター派はヨーク派の襲撃を避け北へ撤退した。
 
代わってマーチ公エドワードとウォリック伯[[3月2日]]にロンドンに入り、マーチ公エドワードがイングランド王エドワード4世として宣告された。
 
== 参考文献 ==