「1904年のメジャーリーグベースボール」の版間の差分

→‎できごと: サイ・ヤング400勝追加
(→‎できごと: サイ・ヤング400勝追加)
 
== できごと ==
* [[サイ・ヤング]]が史上初の通算400勝を達成。
* アメリカン・リーグの優勝争いは最後までもつれて、公式戦最終日のボストン・アメリカンズとニューヨーク・ハイランダース戦ダブルヘッダー第一試合で、ハイランダースの[[ジャック・チェスブロ]]投手が最後に暴投してボストン・アメリカンズがアメリカン・リーグを連覇した。
* ニューヨーク・ハイランダースの[[ジャック・チェスブロ]]投手はこの年41勝12敗で、この41勝は1901年以降のメジャー・リーグでは現在に残るシーズン最多勝利数である。しかもこの年にシーズン最多先発51、シーズン最多完投48も記録し、これも今も最多記録として残っている。しかしこの酷使が彼の投手生命を縮める結果となった。
* [[オークランド・アスレチックス|フィラデルフィア・アスレチックス]]の[[ルーブ・ワッデル]]はこの年25勝19敗で奪三振349個で、これはその後1965年に[[ロサンゼルス・ドジャース]]のサンディ・コーファックスが382個で破られるまで、1901年以降のメジャー・リーグの最高記録であった。しかもその後もノーラン・ライアンが383個(1973年)、同じくライアンが367個(1974年)、ランディ・ジョンソンが364個(1999年)、同じくジョンソンが372個(2001年)を記録しただけでメジャーリーグ史上6位の記録であり、左腕投手としては史上4位、そして現在でもアメリカンリーグの左腕投手の奪三振のシーズン最高記録である。
 
=== ニューヨーク・ジャイアンツのワールドシリーズ拒否 ===
* ニューヨーク・ジャイアンツのジョン・マグロー監督は、アメリカンリーグ優勝チームとの対戦を潔しとはせず、対戦を拒否し、この年のワールドシリーズは開かれなかったが、原因はバン・ジョンソン会長(アメリカン・リーグ)への反発であった。新しいリーグが出来た1901年にボルチモア・オリオールズの監督兼共同オーナーとしてジョンソン会長に迎え入れられたマグローだったが、会長の強引なボルチモアからニューヨークへの移転に猛反発して、マグローは対抗するナショナル・リーグのニューヨーク・ジャイアンツに移り、ジョンソンと対立した結果、この年のボイコットとなった。ジャイアンツの会長であるジョン・T・ブラッシュもジョンソン会長を憎悪していた。ところが、このボイコットはジャイアンツの選手の中からも批判が起こり、ニューヨークのファンや新聞などでも批判の声が強かった。選手の側からすれば、当時スター級の選手でも年俸3000ドルであった時代に、シリーズに出るだけで1000ドルの分配金を手にする機会を奪われたことは大きかった。ジャイアンツのブラッシュ会長はこのことで、その後に大きく考えを改め、翌1905年にワールドシリーズの開催規約を両リーグに提案し、コミッションによる管轄、収入の分配方法、選手の出場資格などを定め、それらは「ブラッシュ・ルール」と今日まで呼ばれている。
 
=== 規則の改正 ===
* ピッチャーのマウンドの高さに関する規則が制定された。高さはホームプレートから15インチ以内とされた。
 
== 最終成績 ==
{|
6,242

回編集