「ホモフォビア」の版間の差分

編集の要約なし
=== 抗議 ===
1990年5月17日に [[世界保健機関|WHO]] が同性愛を[[疾病及び関連保健問題の国際統計分類]] (ICD-10) から削除することを決議したことから、5月17日は[[国際反ホモフォビアの日|国際反同性愛嫌悪の日]] (International Day Against Homophobia, IDAHO) とされている。呼びかけ人はルイ=ジョルジュ・タン (Louis-Georges Tin) であり、現在では世界の約 50 カ国で実施されている。日本においては、2006年に世界の同性愛者を厳罰に処罰している国へ同性愛嫌悪へ抗議のための企画が実施された。主な活動としてレインボーバンドの販売や同性愛が極刑となる国の大使館への要望書提出した。
 
*同性愛が極刑となる国の大使館は以下の通り。
==== 中東 ====
 
====* 中東 ====
**[[イラン]]
**[[サウジアラビア]]
**[[アラブ首長国連邦]]
**[[イエメン]]
====* 南アジア ====
**[[アフガニスタン]]
**[[パキスタン]]
====* アフリカ ====
**[[ナイジェリア]]
**[[モーリタニア]]
**[[スーダン]]
 
=== パレード ===
同性愛嫌悪やそれに基づく同性愛を刑事罰対象とするような差別をなくすため、世界各地でパレードが行われる。詳しくは[[ゲイ・パレード]]を参照のこと。
 
=== 同性愛が犯罪としてきた国家での対応 ===
[[中華人民共和国]]では同性愛が刑事罰対象としての罪とはされなくなった後も同性愛を取り締まろうとする世論があるほど同性愛嫌悪が根強い。2001年まで中華人民共和国では同性愛者は精神疾患として扱われ、1997年までは犯罪として取り締まりの対象として弾圧されていた。その間、中国当局は同性愛者の権利向上を求める同性愛者や活動家らを何人も逮捕して刑務所など施設送りにしてきた。そのため、同性愛者が同性愛であることを当局に知られることの忌避など不信感が根強い<ref>[https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00000010-jij_afp-int 偽装結婚に隠れる中国の同性カップル]2017年12月31日</ref>。
 
同性愛行為をする者に刑事罰与えるなど、特に男性同士で性行為した場合に最長で終身刑となる[[タンザニア]]では2017年に同性愛者が一斉に逮捕されている。[[アフリカ]]にある54カ国のうち、タンザニアのように38カ国が同性愛行為する者を終身刑や死罪にするなど厳しく処罰している国である<ref>[http://www.sankei.com/world/news/170917/wor1709170008-n1.html]同性愛活動で20人逮捕 タンザニア、締め付け強化 2017.9.17</ref>。[[イラン・イスラム共和国]]では同性間の性交渉が発覚した場合は極刑になり、サウジアラビアも同様に同性間での性交渉が発覚した場合は死刑、鞭打ちなどの処罰としてくださすような宗教的同性愛嫌悪国家である。北朝鮮やマレーシアも同性愛を違法として処罰している国家である<ref>[https://www.compathy.net/magazine/2015/08/09/death-sentence-for-lgbt/ 理解が進む一方で… LGBTであるというだけで、死刑になる国も]</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
*[[イスラーム教徒による性的マイノリティー迫害]]
*[[ソドミー法]]
**[[シャリーア]](イスラーム教における宗教に基づく法体系)
*[[ウエストボロ・バプティスト教会]](反同性愛主義を信奉する[[カルト|カルト教団]])
*[[フロリダ銃乱射事件]]]
*[[マシュー・シェパード]](1998年、米国で宗教的同性愛嫌悪により二人組の男性に殺害された犠牲者)
*[[中田考]] ([[イスラーム原理主義]]の立場からホモフォビアを擁護している)
*[[ジョグジャカルタ原則]]
*[[モントリオール宣言]]
 
 
{{DEFAULTSORT:ほもふおひあ}}