「ルートヴィヒ4世 (ヘッセン大公)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ルートヴィヒ4世'''('''<span lang="de" xml:lang="de">Ludwig IV.</span>''', [[1837年]][[9月12日]] - [[1892年]][[3月13日]])は、[[ヘッセン大公国]]の第4代[[大公]](在位:[[1877年]] - [[1892年]])。全名は'''フリードリヒ・ヴィルヘルム・ルートヴィヒ・カール'''('''<span lang="de" xml:lang="de">Friedrich Wilhelm Ludwig Karl</span>''')。[[ルートヴィヒ2世 (ヘッセン大公)|ルートヴィヒ2世]]の大公子[[カール・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット|カール]](1809年 - 1877年)とその妻であった[[エリーザベト・フォン・プロイセン|エリーザベト]]([[プロイセン王国|プロイセン]]王[[フリードリヒ・ヴィルヘルム2世 (プロイセン王)|フリードリヒ・ヴィルヘルム2世]]の王子[[ヴィルヘルム・フォン・プロイセン (1783–1851)|ヴィルヘルム]]の娘)の息子。
 
[[1837年]][[9月12日]]に[[ダルムシュタット]]で生まれ、[[1862年]][[7月1日]]に[[イギリス]]女王[[ヴィクトリア (イギリス女王)|ヴィクトリア]]の次女[[アリス・モード・メアリ|アリス]]と[[ワイト島]]で結婚した。同日、ヴィクトリアは彼に対してイギリス内で[[HRH]](殿下)の称号を与える勅許状を出し、加えて[[ガーター勲章|ガーター勲爵士]]に叙した。
ルートヴィヒ4世は[[1878年]]に大公妃アリスに先立たれ、[[1884年]][[4月30日]]に Alexandrina Hutten-Czapska (1854年 - 1941年)と[[貴賎結婚]]した。ルートヴィヒ4世は彼女に対して Romrod 伯爵夫人の称号を与えた。しかしこの再婚は大きな問題になり、結局1年も経たないうちに彼女とは離婚することになった。
 
[[1892年]][[3月13日]]、ルートヴィヒ4世はダルムシュタットで死去した。大公妃アリスとの間には[[ヴィクトリア・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット|ヴィクトリア]](1863年 - 1950年、[[ミルフォード=ヘヴン侯ルイス・マウントバッテン]]妃)、[[エリーザベト]]([[セルゲイ大公]]妃)、[[イレーネ・フォン・ヘッセン=ダルムシュタット|イレーネ]](1866年 - 1953年、[[プロイセン王国|プロイセン]]王子[[ハインリヒ・フォン・プロイセン (1862-1929)|ハインリヒ]]妃)、[[エルンスト・ルートヴィヒ (ヘッセン大公)|エルンスト・ルートヴィヒ]]、フリードリヒ・ヴィルヘルム(1870年 - 1873年)、[[アレクサンドラ皇后|アリックス]]([[ロシア帝国|ロシア]]皇帝[[ニコライ2世]]妃)、マリー・ヴィクトリア(1874年 - 1878年)の二男五女が生まれており、長男のエルンスト・ルートヴィヒが大公位を嗣いだ。
 
{{先代次代|[[ヘッセン君主一覧|ヘッセン大公]]|[[1877年|1877]]-[[1892年|1892]]|[[ルートヴィヒ3世 (ヘッセン大公)|ルートヴィヒ3世]]|[[エルンスト・ルートヴィヒ (ヘッセン大公)|エルンスト・ルートヴィヒ]]}}
1,052

回編集