「球対称」の版間の差分

{{字引}}除去。
({{字引}}除去。)
 
{{字引|date=2015年12月18日 (金) 18:16 (UTC)}}
{{簡易区別|生物学における{{仮リンク|放射相称|en|radial symmetry}}(radial symmetry)}}
[[初等幾何学]]における幾何学的対象が'''球対称'''(きゅうたいしょう、{{lang-en-short|radial symmetric}}; 放射対称)あるいは'''回転不変'''(かいてんふへん、{{lang-en-short|rotational invariant}})であるとは、その対象が「任意の」[[回転変換]](すなわち、対象の中心を通る任意の軸に対する任意角度の回転)に対して不変となることをいう。従って、球対称な対象を記述するための[[基準系]]は(方向成分は関係してこないため)[[原点 (数学)|原点]]の取り方のみが重要である。[[SO(3)|三次元空間内の回転]]に関する場合のみを「球対称」(''spherical symmetry'') と呼ぶ場合もある。[[三次元空間]]内の[[立体]]で球対称なものは[[球体]]に限る(中身が詰まっていないものも許すならば、同心球面の合併も入る)。