「サンドボックス (セキュリティ)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
実行されるプログラムは保護された領域に入り、ほかのプログラムやデータなどを操作できない状態にされて動作するため、プログラムが暴走したり[[コンピュータウイルス|ウイルス]]を動作させようとしてもシステムに影響が及ばないようになっている。
 
[[ウェブページ]]に配置された[[Javaアプレット]]や[[Adobe Flash|Flash]]、[[JavaScript]]などのプログラムは自動的に実行される。そのため、気づかないうちにコンピュータ上にあるファイルを盗み見られたり書き換えられたり、あるいは[[コンピュータウイルス]]に感染させられたりするおそれがある。そこで安心してウェブ[[ネットサーフィン]]を楽しめるように提供されたのが、そういった攻撃のできない安全な「[[砂場]]」(サンドボックス)である。
 
== 保護の仕組み ==