「ルイ1世 (ブルボン公)」の版間の差分

m
記事中にそれらしき内容がない、使ってもいない参考文献を貼ってあったので消去。ちょっとだけ加筆。
m (記事中にそれらしき内容がない、使ってもいない参考文献を貼ってあったので消去。ちょっとだけ加筆。)
{{複数の問題
| 出典の明記 = 2016年10月
| 脚注の不足 = 2016年11月
}}
[[File:Louis I of Bourbon.jpg|right|thumb|200px|ブルボン公ルイ1世]]
'''ルイ1世・ド・ブルボン'''(Louis I<sup>er</sup> de Bourbon, [[1279年]] - [[1342年]][[1月29日]])は、初代[[ブルボン公]]([[1327年]] - [[1342年]])、および[[クレルモン伯]]、ラ・マルシュ伯。[[ブルボン家]]の祖とされる。[[フランス王国|フランス]]王[[ルイ9世 (フランス王)|ルイ9世]]の末息子であるクレルモン伯[[ロベール (クレルモン伯)|ロベール]]とベアトリス・ド・ブルゴーニュ(ブルゴーニュ公[[ユーグ4世 (ブルゴーニュ公)|ユーグ4世]]孫)の子<ref>Lauda, p. 125, 135</ref>。
== 生涯 ==
{{節スタブ}}
1317年、父ロベールの死によりクレルモン伯位および[[ブルボン]]の所領を継承した。1327年、フランス王[[シャルル4世 (フランス王)|シャルル4世]]はクレルモンを王領とする代わりに、ルイをブルボン公に陞爵した<ref>下津、p. 11</ref>。
 
== 家族 ==
 
== 参考文献 ==
* [[下津清太郎]] 『ブルボン家』 近藤出版社、1984年
{{参照方法|date=2017年11月|section=1}}
* de la Thaumassière (sieur du Puy-Ferrand), Gaspard Thaumas, ''Histoire de Berry'', Vol.3, Imprimerie et Lithographie de A. Jollet, 1868.
* ''The Encyclopedia Americana: a library of universal knowledge'', Vol.4, J.D.Lyon Company:Albany, New York, 1919.
* Jiří Louda, Michael Maclagan, ''Lines of Succession'', Little,Brown & Company, 1981.