「ハナショウブ」の版間の差分

編集の要約なし
(→‎名所: 佐賀県の名所(大和町中央公園花しょうぶ園)を追記しました。)
ハナショウブは[[ノハナショウブ]](学名''I. ensata'' var. ''spontanea'')の[[栽培品種|園芸種]]である。6月ごろに花を咲かせる。花の色は、白、桃、紫、青、黄など多数あり、絞りや覆輪などとの組み合わせを含めると5,000種類あるといわれている。
 
系統を大別すると、品種数が豊富な'''江戸系'''、室内鑑賞向きに発展してきた'''伊勢系'''と'''肥後系'''、原種の特徴を強く残す'''長井系'''('''長井古種'''の4系統に分類でき、[[古典園芸植物]]でもある。他にも海外、特に[[アメリカ合衆国|アメリカ]]でも育種が進んでいる'''外国系'''がある。
 
近年の考察では、おそらく[[東北地方]]でノハナショウブの色変わり種が選抜され、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]か[[江戸時代]]はじめまでに栽培品種化したものとされている。これが[[江戸]]に持ち込まれ、後の3系統につながった。長井古種は江戸に持ち込まれる以前の原形を留めたものと考えられている。
; 肥後系
: 現在の[[熊本県]]を中心に鉢植えの室内鑑賞向きに栽培されてきた品種群である。肥後熊本藩主[[細川斉護]]が、藩士を菖翁のところに弟子入りさせ、門外不出を条件に譲り受けたもので、「[[肥後六花]]」の一つである。満月会によって現在まで栽培・改良が続けられている。菖翁との約束であった門外不出という会則を現在も厳守している点が、他系統には見られない習慣である。しかし[[大正]]に会則を破り外部へ広めてしまった会員がおり、現在では熊本県外の庭園などで目にすることができる。
; 長井系(長井古種
: [[山形県]][[長井市]]で栽培されてきた品種群である。同市のあやめ公園は[[1910年]]([[明治]]43年)に開園し、市民の憩いの場であった。[[1962年]]([[昭和]]37年)、三系統いずれにも属さない品種群が確認され、長井古種と命名されたことから知られるようになった。江戸後期からの品種改良の影響を受けていない、少なくとも江戸中期以前の原種に近いものと評価されている。現在、34種の品種が確認されている<ref>[http://yamagata.kankou-nagai.jp/log/?l=322220 花菖蒲 長井古種物語(長井市観光ポータブルサイト)]</ref>。長井古種に属する品種のうち13品種は長井市指定天然記念物である。近年、長井古種と他系の品種を掛け合わせてつくられた新品種を'''長井系'''と称している。
{{seealso|長井あやめ公園#長井古種}}