「分 (角度)」の版間の差分

m
リンク先の修正
(0個の出典を修正し、2個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.6.2))
m (リンク先の修正)
 
== 定義 ==
分は、[[度 (角度)|度]]の60分の1である<ref>[http://lawelaws.e-gov.go.jp/cgi-binsearch/elawsSearch/elaws_search/idxselect.cgilsg0500/detail?IDX_OPTlawId=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%92%50%88%ca%97%df&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04SE357&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1404CO0000000357#77 計量単位令]{{リンク切れ|date=2018年1月 |bot=InternetArchiveBot }} 別表第一、1] 項番 八、角度、」の欄 「度の六十分の一」とある。</ref>。1度が円弧の360分の1の角度と定義されているので、1分は円弧の21600分の1となり、(''{{π}}''/10800) [[ラジアン]]である。
 
== 記号 ==
分の単位記号は、唯一、「′」である<ref>[http://law.e-gov.go.jp/cgi-bin/idxselect.cgi?IDX_OPT=1&H_NAME=%8c%76%97%ca%92%50%88%ca%8b%4b%91%a5&H_NAME_YOMI=%82%a0&H_NO_GENGO=H&H_NO_YEAR=&H_NO_TYPE=2&H_NO_NO=&H_FILE_NAME=H04F03801000080&H_RYAKU=1&H_CTG=1&H_YOMI_GUN=1&H_CTG_GUN=1 計量単位規則]{{リンク切れ|date=2018年1月 |bot=InternetArchiveBot }} 別表第2 「角度」の欄</ref><ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.&nbsp;36の第6表、「平面角」の欄</ref>。
 
分の単位記号は、唯一、「′」である<ref>[http://elaws.e-gov.go.jp/search/elawsSearch/elaws_search/lsg0500/detail?lawId=404M50000400080#91 計量単位規則 別表第2] 「角度、分」の欄</ref><ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] p.&nbsp;36の第6表、「平面角」の欄</ref>。この単位記号は[[プライム]] (&#8242;, <code>U+2032</code>, <code>&amp;prime;</code>) であり、1分は 1&#8242; または 1''&#39;'' のように書かれる。日本では[[アポストロフィー]] (') で書かれることも多いが{{誰2|date=2017年9月}}、本来は区別すべきである。
 
== 記法 ==
数値と「’」(分)との間にはスペースを挿入しない。これは、[[度 (角度)|度]]や[[秒 (角度)|秒]]の場合も同じである。[[国際単位系]]の規則では、数値と単位(℃や%の場合も含めて)との間に必ずスペースを挿入することになっているが、この度・分・秒の場合は唯一の例外である<ref>[http://www.nmij.jp/library/units/si/R8/SI8J.pdf 国際単位系 (SI) 国際文書第8版 2006年(日本語訳)、訳・監修 (独)産業技術総合研究所 計量標準総合センター] 5.3.3 量の値の書式、p.&nbsp;45. 「この原則における唯一の例外は,平面角を表す単位である度(degree),分(minute),及び秒(second)であり,それぞれの単位記号である°,′,及び″に対しては,数値と単位記号との間に空白を挿入しない.」</ref>。
 
== 使用 ==