「アビゲイル (ファイナルファイト)」の版間の差分

編集の要約なし
体格や服装は中ボス格の雑魚キャラクター・[[アンドレ (ファイナルファイト)|アンドレ]]の使いまわしだが、アンドレと同じ攻撃技は通常のパンチ攻撃のみ。体当たりの代わりに突撃パンチ、ネックハンギングツリーやパイルドライバーの代わりに相手をつかんで放り投げる技を使う。アンドレのヒップアタックに相当する追い打ち攻撃は無いが、代わりに自分の体を赤くして攻撃力を上げる能力がある。
 
[[ゲームボーイアドバンス]]作品『ファイナルファイトONE』の戦闘前デモでは[[コーディー (ファイナルファイト)|コーディー]](通常版)からアンドレ一族と勘違いされた事に関して「俺をアンドレ一族と同一視するな」と述べている。
 
[[ファミリーコンピュータ]]作品『マイティファイナルファイト』では[[クイズ]]で頭を鍛えており、3面のボスとして登場した際の戦闘前にクイズを出してきて、全問正解するとクレジットを1つ増やしてくれる(同時にキス攻撃も追加される)。ただし、5面の中ボスとして再登場したときは最初から攻撃を仕掛けてくる。
 
=== 『ストリートファイター』シリーズ ===
 
『FF』では[[オランダ]]出身の設定だったが、パスポートを申請したところ[[カナダ]]出身であったことが判明した<ref>[https://game.capcom.com/cfn/sfv/column/130192 シャドルー格闘家研究所・活動報告書『キャラ図鑑097:アビゲイル』]</ref>。『V』のモヒカンは真上から見ると[[カナダの国旗]]に描かれている「メイプルリーフ」の形をしている。
 
『V』でアビゲイルがシーズン2の追加キャラクターとして登場したときに同時に追加された「Metro City Bay Area」ステージは、『FF』でボスとして登場したステージが元ネタ。
 
== キャラクターの特徴 ==
26,575

回編集