「阿部正蔵」の版間の差分

編集の要約なし
'''阿部 正蔵'''(あべ  しょうぞう、生年不詳 - [[嘉永]]元年[[9月4日 (旧暦)|9月4日]]([[1848年]][[9月30日]]))は、[[江戸時代]]後期の[[旗本]]で、[[江戸町奉行|江戸北町奉行]]。[[白河藩]]の分家で石高は3,000石。官位は従五位下遠江守。[[阿部正良]]の子。
 
天保12年6月24日に[[天保の改革]]時の[[大坂町奉行|大坂西町奉行]]となった。近年物価が騰貴した原因は、[[株仲間|株仲間解散令]]により大坂への物資廻送量の減に起因するとし、問屋商人を通した流通統制強化の提言を行った。[[天保]]14年([[1843年]])2月24日江戸北町奉行となり、同年10月1日に[[小姓組]]番頭に転じた。