「ネーム (漫画)」の版間の差分

編集の要約なし
'''ネーム'''とは、[[漫画]]を描く際、[[齣|コマ]]割り、コマごとの構図、セリフ、キャラクターの配置などを大まかに表したもの。「'''[[絵コンテ]]'''」、「'''コマ割'''」、「'''ラフ・ネーム'''」、「'''ラフ'''」などと呼ばれる場合もある。狭義では、ふきだしの中の台詞やモノローグを指し、元々はこちらの意味で使われていた。
 
{{要出典範囲|語源は英単語「'''name'''」の「'''指定する'''」と言う意味で、'''[[写植]]の[[フォント]]や[[写真植字機#Q数制|Q数]]を指定する'''ために、台詞を事前に抜き出しておく必要があったところから。つまり、個々の台詞に対してフォントやQ数の指定をする作業が本来の「ネーム」であり、そこから台詞そのものをネームと呼ぶようになり、ネーム作業の効率化のために事前に用意するようになったコマ割りしたものにラフな構図や台詞だけを描いたものまでもがネームと呼ばれるようになっていったのである。|date=2018-3-2}}
 
映画・ドラマでいう絵コンテに近いもので、物語を映像的に語る力が問われる。つまり漫画の設計図であり、実質この段階でどういう作品に出来上がるかのほとんどが決定している。
67

回編集