「カスティリオーネの戦い (1796年)」の版間の差分

編集の要約なし
m (→‎計画: リンク修正 using AWB)
編集の要約なし
{{Otheruses|フランス革命戦争の戦い|スペイン継承戦争の戦い|カスティリオーネの戦い (1706年)}}
{{Battlebox|
battle_name=カスティリオーネの戦い
|casualties2=3,000
|}}
'''カスティリオーネの戦い'''(カスティリオーネのたたかい、{{lang-fr|Bataille de Castiglione}})は、1796年8月5日、[[ナポレオン・ボナパルト]]将軍が指揮するフランスのイタリア方面軍と、{{仮リンク|ダゴベルト・ジークムント・フォン・ヴルムザー|en|Dagobert Sigmund von Wurmser}}元帥率いる[[オーストリア大公国]]([[ハプスブルク君主国]])軍の間で行われた戦いである。数において劣勢となったオーストリア軍は丘陵地帯を[[ミンチョ川]]とぶつかるボルゲットまで押し戻され、そこで川を渡って退却した。戦場となった[[カスティリオーネ・デッレ・スティヴィエーレ]]は北イタリア、[[ガルダ湖]]の南10 kmに位置する。この戦いは[[フランス革命戦争]]の一部であり、ナポレオンが[[第一次対仏大同盟]]との一連の戦いにおいで名を上げた4つの戦闘のひとつとして、[[バッサーノの戦い]]、[[アルコレの戦い]]、[[リヴォリの戦い]]とともに知られている。
 
この戦いは、北イタリアにおけるオーストリア最重要の要塞であるマントヴァを包囲したフランス軍を打ち破らんとする、オーストリア軍による最初の試みであった。その目的達成のためヴルムザーは4つの縦隊をフランス軍に集中させようとした。この作戦は、ナポレオンがこの脅威に対抗するために必要な兵力をマントヴァ包囲から引き抜くという点についてのみ成功したが、ナポレオンの能力とフランス軍の行軍速度は、オーストリア軍の各縦隊が集結する前、およそ1週間の間にそれらを各個撃破することを可能にした。決定的な側面攻撃を行うタイミングが早すぎたものの、戦いはフランスの勝利に終わった。
{{ナポレオン戦争}}
 
{{DEFAULTSORT: かすていりおねのたたかい}}
[[Category:1796年の戦闘]]
[[Category:フランス革命戦争]]
[[Category:フランスの戦闘]]
[[Category:オーハプトリアブルク帝国の戦闘]]
[[Category:1796年のフランス]]
[[Category:1796年のオーストリア]]
[[Category:ロンバルディアの歴史]]
匿名利用者