「昇華 (化学)」の版間の差分

m
編集の要約なし
(凝華について。)
m
{{出典の明記|date=2011年7月}}
[[File:Phase-diag.svg|thumb|right|240px|一般的な物質の[[相図]]。[[三重点]]以下の[[温度]]または[[圧力]](赤線部分)で昇華が起こる。]]
'''昇華'''(しょうか、{{lang-en|sublimation}})は[[元素]]や[[化合物]]が[[液体]]を経ずに[[固体]]から[[気体]]、または気体から固体へと[[相転移]]する現象。後者については'''[[凝華''']](ぎょうか)とも<ref>[http://www.chemistry.or.jp/news/press/1-1.html 高等学校化学で用いる用語に関する提案(1)](日本化学会、2015年3月17日更新版)。<br>[http://www.chemistry.or.jp/news/information/1-2.html 高等学校化学で用いる用語に関する提案(1)への反応](日本化学会、2018年1月25日更新版)。</ref>。[[温度]]と[[圧力]]の交点が[[三重点]]より下へ来た場合に起こる。
 
標準圧では、ほとんどの化合物と元素が温度変化により固体、液体、気体の[[三態]]間を相転移する性質を持つ。この状態においては、固体から気体へと相転移する場合、中間の状態である液体を経る必要がある。 しかし、一部の化合物と元素は一定の圧力下において、固体と気体間を直接に相転移する。相転移に影響する圧力は系全体の圧力ではなく、物質各々の[[蒸気圧]]である。
12,501

回編集