「ロディの戦い」の版間の差分

編集の要約なし
m (typo)
編集の要約なし
||conflict=[[イタリア戦役 (1796-1797年)]]([[フランス革命戦争]])
|date=[[1796年]][[5月10日]]
|place=[[イタリロンバルディ州|ロンバルディア地方]]北部の、[[ディ|ロディ]]
|result=フランス軍の勝利
|combatant1={{flagicon|FRA}} [[フランス第一共和政|フランス]]
|combatant2={{HRR}}([[オーハプトリア大公ブルク帝国]])
|commander1=[[ナポレオン・ボナパルト]]
|commander2=[[ヨハン・ボーリュー]]
|}}
 
'''ロディの戦い''' または '''ローディの戦い''' ({{lang-fr|Bataille du pont de Lodi}}) は[[1796年]][[5月10日]]、[[北イタリア]]のロディ([[ローディ]])において、[[ナポレオン・ボナパルト|ナポレオン]]将軍指揮の[[フランス第一共和政|フランス]]軍と[[ヨハン・ボーリュー]][[元帥]]指揮の[[オーハプトリア大公ブルク帝国|オーストリア]]([[神聖ローマ帝国]])軍の後衛との間で行われた戦い<ref name="kitahara_335">[[#北原|北原(2008)pp.335-337]]</ref><ref group="注釈">5月10日は、パリでは[[フランソワ・ノエル・バブーフ]]による陰謀事件(バブーフの陰謀)が発覚して、[[フィリッポ・ブオナローティ]]らが逮捕された日であった。[[#北原|北原(2008)p.336]]</ref>。オーストリア軍後衛は敗れたが、主力が退却する時間はあった。
 
== 背景 ==
ナポレオンは[[イタリア戦役 (1796-1797年)|イタリア戦役]]の初めに[[サルデーニャ王国|ピエモンテ=サルデーニャ王国]]の軍隊を破ると、次にその同盟国であるオーストリア軍に矛先を向けた<ref name="kitahara_335"/>。戦役中最も見事な機動のひとつとして、ナポレオンは[[ポー川]]の南岸に沿って迅速な行軍を行い、オーストリア軍が[[ミラノ]]に退却する進路を遮断すべく、[[ピアチェンツァ]]付近で対岸に橋を懸けた。オーストリア軍は危険に気づくとただちに退却したが、そのほとんどはロディを経由していた。彼らにロディを防衛するという意図はいささかも無かったと思われるが、フランス軍が退却するオーストリア軍の後衛を町の近くで捕捉したため、にわかにその必要が生じた。
 
== 戦闘 ==
[[Category:フランス革命戦争]]
[[Category:フランスの戦闘]]
[[Category:オーハプトリアブルク帝国の戦闘]]
[[Category:1796年のフランス]]
[[Category:1796年のオーストリア]]
[[Category:ロンバルディアの歴史]]
匿名利用者