メインメニューを開く

差分

歴史や現状について加筆しました。
|}
[[Image:EgyptIsraelBorderEilat.JPG|300px|thumb|[[アカバ湾]]の最奥部(シナイ半島の東側の付け根)に位置する都市[[エイラート]]の北、エジプトとイスラエルの国境線。画像奥が北。<!--コモンズのファイルページより-->]]
'''シナイ半島'''(シナイはんとう、[[ヘブライ語]]: חצי האי סיני Chetzi HaYi Sinai {{lang-ar| شبه جزيرة سيناء}} Shibh Jazīrat Sīnā')は、[[西アジア]]の[[アラビア半島]]と[[アフリカ大陸]]北東部の間にある[[半島]]。[[スエズ運河]]が開鑿前は、アフリカ大陸と[[ユーラシア大陸]]を繋ぐ[[地峡]]であった。北は[[地中海]]、南は[[紅海]]、東は[[アカバ湾]]、西は[[スエズ湾]]にそれぞれ面している。南へ向けた三角形の形状をしており、はムハンマド岬。南部には[[シナイ山]]がある。
 
行政上は[[エジプト|エジプト・アラブ共和国]]の[[北シナイ県]]と[[南シナイ県]]にあたる。2013年の人口は59万2222人<ref name="kanaya">金谷美紗「揺れるシナイ半島 イスラーム過激派の台頭と民主化への影響」、『中東研究』519号(2014年2月)。</ref>。住民の多くは[[ベドウィン]]である。南シナイ県は紅海とアカバ湾にはさまれた三角形で、沿岸地方で[[観光]]開発が行われ、外国人観光客が訪れる高級[[リゾート]]地がある。また、紅海は美しいダイビングスポットとして知られる。北シナイ県は西に[[スエズ運河]]、東には[[イスラエル]]に面し、北東端で[[パレスチナ国]]([[パレスチナ自治区]])[[ガザ地区]]と接する。
 
== 歴史 ==
[[古代エジプト]]は、シナイ半島を経由して[[パレスチナ]]や[[シリア]]方面に進出したり、逆に侵入を受けたりした。
 
[[出エジプト記|出エジプト]]後[[ヘブライ人]]らはシナイ半島へ渡り、[[モーセ]]が[[シナイ山]]で[[モーセの十戒|十戒]]を授かったとされる。シナイ山(ガバル・ムーサ)の麓には、337年に[[コンスタンティヌス1世|コンスタンティヌス]]帝の母ヘレナによって創建された[[聖カタリナ修道院|聖カトリーナ修道院]]がある。
 
古代における[[ローマ帝国]][[東ローマ帝国]]の領土を経て、中世から近世にかけて[[ウマイヤ朝]][[アッバース朝]][[ファーティマ朝]][[アイユーブ朝]][[マムルーク朝]][[オスマン帝国]]と興亡する[[イスラム王朝]]の領域へと次々と移り変わっていった。
 
[[17世紀]]に入りオスマン帝国に陰りが見え始めると、オスマン帝国から独立した[[ムハンマド・アリー]]による[[ムハンマド・アリー朝]]の支配下に置かれ、[[1952年]]の[[エジプト革命 (1952年)|エジプト革命]]後た。19世紀から20世紀半ばにかけてはエジプト・アラブ共和国下に置かれた。[[1967年]]の[[第三次中東戦争]]時全土とともに[[イギリラエル]]の侵攻によって同国に占領され、1973年の[[第四次中東戦争]]でも戦場勢力圏となったが19781869の[[キャンプ・デービッド合意]]よりは西側にスジプトへ返還されることとなり、その後順次返還ズ運河が建設された。
 
[[第二次世界大戦]]後は繰り返し[[中東戦争]]の戦場となった。[[第一次中東戦争]](1948~49年)では、[[イスラエル]]を攻撃するエジプト軍が策源地として利用した。[[1952年]]に[[エジプト革命 (1952年)|エジプト革命]]が起きると、そのままエジプト・アラブ共和国の領土となった。[[第二次中東戦争]](1956~57年)ではイスラエルがほぼ全域を制圧したが、米ソの介入で撤退。[[第三次中東戦争]](1967年)で再びイスラエルに占領され、[[第四次中東戦争]](1973年)でも戦場となった。1978年の[[キャンプ・デービッド合意]]によりエジプトへ返還されることとなり、その後、順次返還された。
 
軍事的な要地ではあるが、南部の一部リゾート地を除いて経済開発は進んでおらず、住民のための水道・医療・教育などの公共サービスは不十分なままである。1990年代に[[イスラーム過激派]]組織が結成され、2004年に[[タバ]]、2005年に[[シャルム・エル・シェイク]]、2006年に[[ダハブ]]で外国人観光客を狙った爆破事件が起きた。[[エジプト革命 (2011年)|2011年の革命]]の後はさらに治安が悪化し、様々な過激派組織が、天然ガスのパイプラインの破壊、イスラエルに対する越境攻撃、エジプト軍と警察に対する襲撃といった武装闘争を展開している<ref name="kanaya"></ref>。
[[17世紀]]に入りオスマン帝国に陰りが見え始めると、オスマン帝国から独立した[[ムハンマド・アリー]]による[[ムハンマド・アリー朝]]の支配下に置かれ、[[1952年]]の[[エジプト革命 (1952年)|エジプト革命]]後はエジプト・アラブ共和国下に置かれた。[[1967年]]の[[第三次中東戦争]]時に[[イスラエル]]の侵攻によって同国に占領され、1973年の[[第四次中東戦争]]でも戦場となったが、1978年の[[キャンプ・デービッド合意]]によりエジプトへ返還されることとなり、その後順次返還された。
 
2015年には[[コガリムアビア航空9268便|ロシアの旅客機が墜落する事件]]が起き、[[ISIL]]系列の[[:en:Islamic State of Iraq and the Levant – Sinai Province|イスラム国(ISIL)シナイ州]]が犯行声明を出した。2018年には、シナイ半島の過激派をイスラエルが秘密裏に空爆し、エジプト政府もこれを容認していると報じられた<ref>
軍事的な要地ではあるが、経済開発は進まず、住民のための水道・医療・教育などの公共サービスは不十分なままである。1990年代に[[イスラーム過激派]]組織が結成され、2004年に[[タバ]]、2005年に[[シャルム・エル・シェイク]]、2006年に[[ダハブ]]で外国人観光客を狙った爆破事件が起きた。[[エジプト革命 (2011年)|2011年の革命]]の後はさらに治安が悪化し、様々な過激派組織が、天然ガスのパイプラインの破壊、イスラエルに対する越境攻撃、エジプト軍と警察に対する襲撃といった武装闘争を展開している<ref name="kanaya"></ref>。
エジプト・イスラエル 対IS呉越同舟 シナイ半島でテロ掃討/米紙報道([https://mainichi.jp/articles/20180206/ddm/007/030/126000c 記事])『毎日新聞』朝刊2018年2月6日</ref><ref>Secret Alliance:Israel Carries Out Airstrikes in Egypt, With Cairo’s O.K.([https://www.nytimes.com/2018/02/03/world/middleeast/israel-airstrikes-sinai-egypt.html 記事])The New York Times、2018年2月3日</ref>。
 
== 主な都市 ==
5,560

回編集