「比叡 (戦艦)」の版間の差分

m
style
(→‎沈没: タイプミスを修正)
タグ: モバイル編集 モバイルアプリ編集
m (style)
 
== 概要 ==
'''軍艦 比叡'''は[[金剛型戦艦]]の2番艦である。計画時は[[装甲巡洋艦]]だったが、イギリスに発注され同地で建造された金剛型巡洋戦艦1番艦[[金剛 (戦艦)|金剛]]の技術を導入し、日本で建造された。[[巡洋戦艦]]として竣工したが、改造により[[戦艦]]へ艦種変更された。[[第一次世界大戦]]後の[[海軍休日]]にともなう軍縮条約([[ロンドン海軍軍縮会議]])により武装や装甲を撤去し、[[練習艦]]として運用される{{refnest|name="ポケット1937比叡"|[[#ポケット海軍年鑑(1937)]]p.19<ref group="注釈">『練習戰艦"比叡 ひえい" 全要目{排水量19,500噸 速力18節 備砲36糎砲6門 15糎砲16門 12.7糎高角砲4門 8糎高角砲4門 起工明治44年11月 竣工大正3年8月 昭和7年12月練習戰艦に改装 建造所 横須賀海軍工廠}金剛、比叡、霧島、榛名と久しく語呂もよく連称された此艦も、他3姉妹艦の近代化されるに續いて昭和5年呉工廠で已に改装の準備が進められつゝあつたがこの艦にとつては青天の霹靂とでも云ふべき彼のロンドン條約の結果は、攻撃力防禦力共に減勢又は撤去してわづかに練習戰艦として保存使用されることになつたのである。霧島級と寸分違はぬ要目であつたのが、このため排水量19,500噸に、平均吃水は6.32米の淺きに、速力は18節の低速に各著しく低減された。備砲に於いても亦上記の如く低下してゐるが戰艦の誇る防禦力に於ても寫眞に見る如く艦の重要部分を包む舷側装甲を撤去されてゐる。しかして練習戰艦として重要な役割を課せられた外、昭和10年満州國皇帝陛下御來朝に際してもその御召艦たるの光榮に浴し、昭和11年の海軍特別大演習には御召艦の光榮を擔つた。因に海軍無條約時代に入つた今日、比叡の戰艦への復歸は國民から待望されてゐる。』</ref>}}。一方で、[[昭和天皇]]の御召艦として周知され、親しまれることになった<ref name="ポケット1937比叡" />。
軍縮条約失効後の改装時に[[大和型戦艦]]のテスト艦として新技術が導入され、[[太平洋戦争]]においては[[第一航空艦隊|南雲機動部隊]]の一艦として行動した。1942年(昭和17年)11月12日、[[第三次ソロモン海戦]]第1夜戦で損害を受け、日中の空襲により放棄・沈没した。練習戦艦のまま除籍{{refnest|昭和17年12月20日付 内令第2339号、同第2340号<ref group="注釈">これら内令で削除された本艦の定員表および特修兵教員配置規則には「練習戦艦」と明記されている。</ref>}}。
 
[[ファイル:Hiei Yokosuka fitting out.jpg|thumb|left|250px|横須賀で建造される比叡。]]
 
[[1906年]]([[明治]]39年)10月、[[イギリス]]が画期的な戦艦(いわゆる[[弩級戦艦]])[[ドレッドノート (戦艦) |ドレッドノート]]を就役させると、日本海軍が建造中だった[[薩摩型戦艦]]をはじめ、世界各国の保有戦艦は[[前弩級戦艦]]として一挙に旧式化した<ref>[[#吉田比叡]]p.7</ref>。[[1906年]](明治39年)、同じくイギリスが[[インヴィンシブル級巡洋戦艦]]を完成させると、日本海軍が[[1905年]](明治38年)に就役させたばかりの[[筑波型巡洋戦艦]]や[[1907年]](明治40年)就役の[[鞍馬型巡洋戦艦]]も旧式[[装甲巡洋艦]]の烙印を押された<ref>[[#吉田比叡]]p.9</ref>。[[斎藤実]]海軍大臣はイギリスの技術導入もかねて[[ヴィッカース・アームストロング|ヴィッカース]]に[[装甲巡洋艦]]を発注、同社は弩級戦艦[[エリン (戦艦)|エリン]]を基礎に[[巡洋戦艦]]を設計し、[[金剛型戦艦|金剛型巡洋戦艦]]1番艦[[金剛 (戦艦)|金剛]]の建造が開始された<ref>[[#吉田比叡]]p.12</ref>。
 
仮称艦名卯号装甲巡洋艦は1911年(明治44年)6月5日、部内限りで比叡(ひえい)と命名され<ref>明治44年6月5日付 内令第105号。</ref>、「金剛」より10ヶ月遅れた11月4日<ref name="japanwarship1-213">『福井静夫著作集第1巻 日本戦艦物語I』pp.213-234「金剛型の建造」。</ref>、[[横須賀海軍工廠]]で「'''卯号装甲巡洋艦'''」として発注・起工<ref>「軍艦比叡製造一件(1)」p.26</ref>{{refnest|[[#日本軍艦集2600年版]]p.20<ref group="注釈">『練習戰艦 比叡(ひえい) 基準排水量19,500噸、長さ199.19米、幅28.04米、平均吃水6.32米、速力18節、備砲36糎砲6門、15糎砲16門、12.7糎高角砲4門、魚雷發射管なし。竣工明治44年11月4日、進水大正元年11月21日、竣工大正3年8月4日、建造所横須賀海軍工廠-もと金剛、榛名、霧島と同型。華府條約の結果練習戰艦となる。』</ref>}}。
[[ファイル:Hiei Oshima 1927.jpg|thumb|left|250px|1927年に撮られた比叡。]]
 
[[第一次世界大戦]]による日本の対ドイツ参戦により、比叡は竣工後1ヶ月で早速東シナ海方面へ出動している<ref>「艦歴人歴調(2)」p.23</ref>。イギリスは日本に金剛型巡洋戦艦4隻の欧州戦線投入を求めたが、日本は拒否した<ref>[[#吉田比叡]]p.18</ref>。[[1916年]](大正5年)6月1日、英国海軍とドイツ海軍の間に[[ユトランド沖海戦]]が勃発し、イギリスの[[巡洋戦艦]]3隻([[クイーン・メリー (巡洋戦艦)|クイーン・メリー]]、[[インヴィンシブル (巡洋戦艦) |インヴィンシブル]]、[[インディファティガブル (巡洋戦艦)|インディファティガブル]])とドイツ巡洋戦艦1隻([[リュッツオウ (巡洋戦艦)|リュッツオウ]])が失われた<ref>[[#吉田比叡]]p.20</ref>。[[巡洋戦艦]]の脆さが露呈した海戦により世界各国は戦艦の水平防御力強化対策を行ったが、日本海軍はユトランド沖海戦の戦訓を踏まえた[[超弩級戦艦]]・[[長門型戦艦]]を筆頭とする[[八八艦隊]](戦艦8隻、巡洋戦艦8隻)の建造にとりかかっており、金剛型巡洋戦艦の補強を行う予算はなかった<ref>[[#吉田比叡]]pp.21-25</ref>。比叡は各国の思惑をよそに、[[1919年]]([[大正]]8年)の北支沿岸警備、[[1920年]](大正9年)のロシア領沿岸警備、[[1922年]](大正11年)の青島・大連警備、セント・ウラジミル警備、[[1923年]](大正12年)の南洋警備・支那沿岸警備、[[関東大震災]]救援物資輸送任務など、諸任務に投入されている<ref>[[#吉田比叡]]p.31</ref>。
 
[[1927年]](昭和2年)7月30日附で[[高松宮宣仁親王]]([[昭和天皇]]弟宮、海軍少尉)が比叡配属となる<ref>昭和2年7月30日(土)官報第176号。国立国会図書館デジタルコレクション {{NDLDC|2956636}} p.7</ref>。あまりにも特別扱いされるため、親王の比叡に対する印象は悪かった{{refnest|[[#高松宮日記1巻]]265頁<ref group="注釈">『八月三日水曜 曇時〃(略)やつぱり感じがよくない。「古鷹」がなつかしい。(略)』</ref>}}{{refnest|[[#高松宮日記1巻]]269-270頁<ref group="注釈">『八月十九日(略)二艦隊水泳競技海兵団プールにてあり、見にゆく。特ム少尉の人と文庫まで行つて見る。ケプガンや分隊長などあとからついて来たり、帰りには運用長がきたり馬鹿にしてやがる。だから「比叡」はいやだ。午後一時、二艦隊長官([[吉川安平]]中将)に伺候(以下略)』</ref>}}。『私は比叡の油虫』と自嘲した程である<ref>[[#高松宮と海軍]]26-27頁</ref>{{refnest|[[#高松宮日記1巻]]271頁<ref group="注釈">『八月二十八日 日曜日 晴』</ref>}}。
同時期、天皇は[[扶桑型戦艦]]2番艦「[[山城 (戦艦)|山城]]」を御召艦として[[小笠原諸島]]や南洋諸島を巡航しており、親王も比叡から山城に派遣された{{refnest|[[#高松宮日記1巻]]265頁<ref group="注釈">『八月四日 木曜 曇時〃雨 十一時「山城」へ。陛下は採集のため御不在ないりしも、ぢきに御帰りになつた。昼食を戴く。午后二時より「赤城」「鳳翔」」の航空作業、四時過「加古」の射撃(意外に成績不良、20糎の価値はこんなものかとも思へた)、八時頃から第一戦隊第一小隊の星弾射撃、十一頃「比叡」にかへる。』</ref>}}。
8月24日、連合艦隊夜間演習中に[[美保関事件]]が発生、比叡と古鷹が大破した[[那珂 (軽巡洋艦)|那珂]]を護衛して舞鶴へ移動した。9月1日、殉職者合同葬儀を実施{{refnest|[[#高松宮日記1巻]]273頁<ref group="注釈">『九月一日 木曜 晴凉し。窓あけては涼しすぎる風入り来る。秋の朝なり。又便乗の生活かと思へばつまらなし。何だか元気なき一日なりき。午后二時半より、「わらび」「あし」の殉難者合同葬儀あり、武官([[鮫島具重]]中佐、海兵37)37)を代拝せしむ。生花を供ふ。皇族一般の他に、[[博義王]](海軍大尉、那珂水雷長)は直拝。』</ref>}}。
[[12月1日]]、宣仁親王は中尉進級と共に装甲巡洋艦[[八雲 (装甲巡洋艦)|八雲]]乗組(副砲分隊士)に補職され、比叡を離れた<ref>[[#高松宮日記1巻]]302頁</ref>。
 
 
=== アメリカ軍機動部隊との戦い ===
アメリカ軍の継戦意欲を砕くため、[[山本五十六]]連合艦隊司令長官は残存する米空母の撃滅を企図した。[[ミッドウェー島]]を占領し、[[ハワイ]]から進出してくるアメリカ軍機動部隊・艦隊を迎撃するという作戦である。日本軍はアメリカ軍の戦力を「戦艦2隻、正規空母2-3隻、特設空母2隻、甲巡洋艦4-5隻、乙巡洋艦3-4隻、軽巡洋艦4隻、駆逐艦30隻」、ミッドウェー島の戦力を「航空機48機、[[アメリカ海兵隊]]750名、砲台対空施設相当あり」と推定している<ref>[[#第3戦隊4詳報]]p.26</ref>。実際には正規空母3隻、海兵隊3000人、ミッドウェー基地航空機150機が日本軍を待ち構えていた。5月、第三戦隊の中で編成替えが行われる。第1小隊(比叡、金剛)、第2小隊(榛名、霧島)となり、第一小隊(比叡、金剛)は[[近藤信竹]]中将の[[第二艦隊 (日本海軍)|第二艦隊(攻略部隊本隊)]]に加わり、第2小隊(榛名、霧島)は南雲機動部隊に編入された<ref>[[#吉田比叡]]p.111、[[#豊田撃沈]]]p.75、[[#第3戦隊4詳報]]p.28、「ミッドウエー海戦戦時日誌戦闘詳報(1)」p.4</ref>。5月29日、比叡は日本を出発した<ref>[[#第3戦隊4詳報]]p.32</ref>。6月5日、日本軍とアメリカ軍の間に[[ミッドウェー海戦]]が勃発した。近藤艦隊は南雲部隊から距離340浬・28 kt12時間の地点で空母3隻([[赤城 (空母)|赤城]]、[[加賀 (空母)|加賀]]、[[蒼龍 (空母)|蒼龍]])被弾炎上という速報を受信する<ref>[[#吉田比叡]]p.112</ref>。近藤中将は直ちに東方へ進軍を命じアメリカ軍機動部隊との水上戦闘を企図したが<ref>[[#吉田比叡]]p.113</ref>、アメリカ軍機動部隊は日本軍との夜戦を嫌って東方へ反転退避する。さらにレーダーを搭載した戦艦[[日向 (戦艦)|日向]]は山本長官以下第一戦隊([[大和 (戦艦)|大和]]、[[長門 (戦艦)|長門]]、[[陸奥 (戦艦)|陸奥]])とともに遥か西方にあり、近藤中将は夜戦を断念し続いて山本長官の退却命令により退却行動に入った<ref>[[#吉田比叡]]p.114</ref>。空母瑞鳳、第三戦隊、第五戦隊、第八戦隊等は北方へ進出、[[アリューシャン方面の戦い]]に投入される。支援部隊(第一支援隊《比叡、利根、筑摩、秋雲、風雲、夕雲、巻雲、旭東丸》、第二支援部隊《妙高、羽黒、金剛、阿武隈、第21駆逐隊、朝雲、夏雲、峯雲、玄洋丸》)を編制<ref>[[#叢書29北東方面]]pp.260-262『第三軍隊区分』</ref>。アリューシャン方面で哨戒任務についたがアメリカ軍機動部隊は出現せず7月11日、横須賀に帰港した<ref>[[#第3戦隊4詳報]]pp.43、48</ref>。
 
7月14日、戦時編制が改訂された<ref name="叢書(49)431">[[#叢書49南東方面]]pp.431-432『聯合艦隊主力』</ref>。[[南雲忠一]]中将、[[草鹿龍之介]]参謀長指揮のもと、[[第一航空戦隊]](空母:[[翔鶴 (空母)|翔鶴]]、[[瑞鶴 (空母)|瑞鶴]]、[[瑞鳳 (空母)|瑞鳳]])・[[第二航空戦隊]](空母:[[飛鷹 (空母)|飛鷹]]、[[隼鷹 (空母)|隼鷹]]、[[龍驤 (空母)|龍驤]])を中核とする[[第三艦隊 (日本海軍)|第三艦隊]]が編成され、金剛型2隻(比叡、霧島)は'''第十一戦隊'''(司令官[[阿部弘毅]]少将)を形成して第三艦隊専属部隊となった<ref name="叢書(49)431" /><ref name="叢書(49)545">[[#叢書49南東方面]]pp.545-547『第三艦隊戦策』</ref>。
|主機|| colspan="2" | パーソンズ式直結タービン4基4軸|| [[艦本式タービン]]4基4軸
|-
|軸馬力|| 64,000[[馬力|shp]]|| 16,000shp|| 136,000shp
|-
|速力|| 27.5[[ノット|kt]]|| 18 kt|| 29.7kt
{{脚注ヘルプ}}
=== 注釈 ===
{{Reflist|group="注釈"}}
=== 出典 ===
{{reflistReflist|3}}
 
== 参考文献 ==
* {{Cite book|和書|author=[[阿川弘之]]|year=1999|month=4|title=高松宮と海軍|publisher=中央公論社新社|isbn=4-12203391-8|ref=高松宮と海軍}}
* [[有馬馨]]『帝国海軍の伝統と教育 {{small|付・比島作戦の思い出}}』(五曜書房、2001年) ISBN 4795253994
**比叡艦長時代(昭和15年10月〜)「高松宮宣仁親王殿下の御高徳を仰ぎ奉りて」
* {{Cite book|和書|author=[[宇垣纏]]著|coauthors=[[成瀬恭]]発行人|year=1968|title=[[戦藻録]]|publisher=原書房|ref=戦藻録(九版)}}
* {{Cite book|和書|author=小沢提督伝刊行会編|year=1971|month=3|title={{small|回想の提督}} 小沢治三郎|publisher=原書房|isbn=|ref=回想の提督}}
* 外山操『艦長たちの軍艦史』光人社、2005年。ISBN 4-7698-1246-9
* {{Cite book|和書|author=[[高戸顕隆]]|coauthors=|year=1999|title={{small|私記ソロモン海戦・大本営海軍報道部}}海軍主計大尉の太平洋戦争|publisher=光人社|isbn=4-7698-2227-8|ref=主計大尉}}
* {{Cite book|和書|author=[[高松宮宣仁親王]]著|coauthors=[[嶋中鵬二]]発行人|title=高松宮日記 第一巻 {{small|大正十年一月一日昭和七年十二月三十一日}}|publisher=中央公論社|year=1996|month=3|ISBN=4-12-403391-5|ref=高松宮日記1巻}}
* {{Cite book|和書|author=[[千早正隆]]|year=1990|title=日本海軍の驕り症候群|publisher=プレジデント社|isbn=4-8334-1385-x|ref=海軍驕り}}
* 豊田 穣 『雪風ハ沈マズ』 株式会社 光人社、1985年
* {{Cite book|和書|author=[[豊田穣]]|year=1999|title={{small|日米海戦記}}撃沈「四本の火柱」|publisher=光人社NF文庫|isbn=4-7698-2234-0|ref=豊田撃沈}}
* {{Cite book|和書|author=[[半藤一利]]・[[秦郁彦]]・[[戸高一成]]|year=2011|month=12|title=連合艦隊・戦艦12隻を探偵する|publisher=株式会社PHP研究所|isbn=978-4-569-80045-5|ref=連合艦隊戦艦12隻を探偵する}}
**Ref.C08020400900「軍艦比叡製造一件(2)」
**Ref.C08020401000「軍艦比叡製造一件(3)」
**Ref.C08020401100「付製造命令及予算進水式関係(1)」
**Ref.C08020401100「付製造命令及予算進水式関係(2)」
**Ref.C08020404100「試験(2)」(海軍省-公文備考-T3-17-1656)
**Ref.C04015117800「2月5日進達佐廠第6号の10軍艦霧島比叡第1煙突覆取付の件」
**Ref.C05034731400「11.9. 特別任務中の室割其の他案内書の件(2)」
**Ref.{{Cite book|和書|author=C14121167000|title=条約決裂後の昭和15年末に於ける国防所要兵力表(昭和9年9月25日)|ref=昭和15年末国防所要兵力表}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030041000|title=昭和17年1月1日昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(1)|ref=第3戦隊1詳報}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030041200|title=昭和17年1月1日昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(2)|ref=第3戦隊2詳報}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030041300|title=昭和17年1月1日昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(3)|ref=第3戦隊3詳報}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030041400|title=昭和17年1月1日昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(4)|ref=第3戦隊4詳報}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030041500|title=昭和17年1月1日昭和17年9月30日 大東亜戦争戦闘詳報戦時日誌 第3戦隊(5)|ref=第3戦隊5詳報}}
**Ref.C08030040400「昭和17年6月1日〜昭和17年6月30日 ミッドウエー海戦 戦時日誌戦闘詳報(1)」
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051400|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(1)|ref=11戦隊詳報(1)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051500|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(2)|ref=11戦隊詳報(2)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051600|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(3)|ref=11戦隊詳報(3)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051700|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(4)|ref=11戦隊詳報(4)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051800|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(5)|ref=11戦隊詳報(5)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08030051900|title=昭和17年7月14日昭和17年11月30日 第11戦隊戦時日誌戦闘詳報(6)|ref=11戦隊詳報(6)}}
**Ref.{{Cite book|和書|author=C08051583500|title=昭和17年6月昭和18年1月 隼鷹飛行機隊戦闘行動調査(2)|ref=隼鷹飛行調査(2)}}
 
* [http://kindai.ndl.go.jp/ 近代デジタルライブラリー]
**[{{NDLDC|1457734}} 軍港と名勝史蹟/軍艦比叡の話]
**[{{NDLDC|1062919}} 海戦の変貌/戰艦の地位, 戰艦無用論是非]
**{{Cite book|和書|author=海軍有終会編|year=1935|month=11|title=幕末以降帝国軍艦写真と史実|publisher=海軍有終会|ref=幕末以降帝国軍艦写真と史実}}
**{{Cite book|和書|author=海軍研究社編輯部 編|year=1935|month=5|title=ポケット海軍年鑑 : 日英米仏伊独軍艦集. 1935年版|publisher=海軍研究社|ref=ポケット海軍年鑑(1935)}}