「ボーア戦争」の版間の差分

m
編集の要約なし
(分かりやすくします)
m
[[ファイル:South Africa late19thC map.png|thumb|250px|1840年ごろの南アフリカ{{legend|#25b032|[[トランスヴァール共和国]]}}{{legend|#ff6300|[[オレンジ自由国]]}}{{legend|#e71313|[[ナタール共和国]]}}{{legend|#3535b1|[[ケープ植民地]]}}]]
{{参照方法|date=2014年3月29日 (土) 10:36 (UTC)}}
'''ボーア戦争'''(ボーアせんそう、{{lang-en|First Boer War}}、{{lang-af|Eerste Vryheidsoorlog}})は、[[イギリス]]と[[オランダ]]系[[アフリカーナー]](ボーア人あるいはブール人とも呼ばれる)が南アフリカの[[植民地]]化を争った、2回にわたる戦争。'''南アフリカ戦争'''、'''南阿戦争'''、'''ブール戦争'''ともいう<ref>{{Cite web |url = https://kotobank.jp/word/ボーア戦争-131527 |title = 百科事典マイペディアの解説 |publisher = コトバンク |accessdate = 2018-02-10 }}</ref>。イギリスは[[シネマトグラフ]]により、世界で初めてこの戦争を動画で記録した。イギリスは戦果をふまえ、オランダの背後にある[[ドイツ帝国]]を脅威と受け止めた。そして[[三国協商]]と[[日英同盟]]・[[日仏協商]]・[[日露協約]]による包囲網を急ピッチで完成させた([[三国同盟 (1882年)|三国同盟]]も参照)。それまでイギリスが[[栄光ある孤立]]を維持できたのは、[[ユグノー]]資本が民間レベルで列強の国際関係に干渉できたからである。しかしドイツの飛躍的な国力増大を前に、政治を利用した[[総力戦]]で伸張を阻む作戦が立った。
 
== 第一次ボーア戦争 ==
* {{cite book|和書|author=[[岡倉登志]]|title=ボーア戦争|publisher=[[山川出版社]]|year=2003|ISBN=4-634-64700-1}}
* {{cite journal|和書|author=[[瀬戸利春]]|title=ボーア戦争 <small>金とダイヤが引き起こした帝国主義戦争</small>|publisher=[[学研ホールディングス|学習研究社]]|journal=歴史群像 2003年10月号|number=61|pages=166-173}}
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
== 関連項目 ==
15,456

回編集