「鄆州」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[北周]]により設置された'''魯州'''を前身とする。魯州は設置後まもなく廃止された。
 
[[590年]]([[開皇]]10年)、隋により[[済州]]・[[エン州|兗州]]・[[曹州]]の一部が分離されて鄆州が設置された。[[607年]]([[大業]]3年)、郡制施行に伴い&#37126;州は[[東平郡]]と改称され、下部に6県を管轄した<ref>『[[隋書]]』地理志中</ref>。隋朝の行政区分に関しては下図を参照。
 
{| align=center class="wikitable" style="width:600px; text-align:center"
|}
 
[[621年]]([[武徳]]4年)、[[唐]]が[[徐円朗]]を平定すると、東平郡は鄆州と改められた。[[742年]]([[天宝 (唐)|天宝]]元年)、鄆州は東平郡と改称された。[[758年]]([[乾元 (唐)|乾元]]元年)、東平郡は鄆州と改称された。鄆州は[[河南道]]に属し、[[寿張梁山県|寿張]]・鄆城・[[巨野県|鉅野]]・須昌・[[盧県長清区|盧]]・[[平陰県|平陰]]・[[東阿県|東阿]]・[[陽穀県|陽穀]]・[[中都汶上県|中都]]の10県を管轄した<ref>『[[旧唐書]]』地理志一</ref>。
 
[[1119年]]([[宣和]]元年)、[[北宋]]により鄆州は[[東平府]]と改められた<ref>『[[宋史]]』地理志一</ref>。
匿名利用者