「共同被告同志に告ぐる書」の版間の差分

m
 
==概要==
日本共産党代表の佐野学と鍋山貞親は検挙後、世界戦争革命を棚上げしソ連国内安定を図ろうとする[[コミンテルン]]に疑念を抱くようになった。
佐野学と鍋山貞親は検挙後、[[共産主義]]に疑念を抱くようになった。そこで検察は二人を対面させて議論させた。議論を通じて両者の見解は一致し、1933年6月10日に「共同被告同志に告ぐる書」と題する声明書を公表した。既に獄中にあった党員に対しても、[[刑務所]]を通じて彼らの転向声明書が配布された。
 
若い学者や教師、マスコミ人たちの努力を通じ、日本共産党同志の革命への情熱が最高潮まで至らんとしているにもかかわらず、コミンテルンの欺瞞的な言いがかりと制止により、日本共産党が革命に後ろ向きな姿勢をとらされる<ref>弾圧に屈せざる真摯な同志の勇気と熱情にも拘らず、党自身の方向が歪み、ジャーナリズムの喝采を受けても肝腎の労働者大衆の関心から離れ、欠くべからざるプロレタリア的自己批判は放擲され、純真の青年同志や労働者党員は大衆的闘争の中に訓練せられない。『共同被告同志に告ぐる書』</ref>状況に業を煮やした二人は、コミンテルンの束縛の下にある日本共産党を飛び出して、日本独自の果断なる革命を実行していく決意を固めるべく議論を交わした。
 
<日本民族が古代より現代に至るまで、人類社会の発達段階を順当に充実的に且つ外敵による中断なしに経過してきたことは、我々の民族の異常に強い内的発展力を証明している。>
 
<また日本民族が一度たりとも他民族の奴隷たりし経験なく、終始、独立不羈の生活をしてきたことの意義は甚だ大きいのである。之によって培われた異常に強固な民族的親和統一と国家秩序的生活の経験とは、内面的に相関連して、日本の歴史上に生起した数次の階級勢力交替の過程を、他の、異民族的支配と経済的搾取と政治的圧伏とが錯綜せる国々に見られる如き、階級闘争の原始的な、絶望的な、惨烈な過程とは著しく異ならしめている。>
 
< この歴史的に蓄積された経験は、今日の発達した文化と相俟ち新時代の代表階級たる労働階級が社会主義への道を日本的に、独創的に、個性的に、且つ極めて秩序的に開拓するを可能ならしめるであろう。><ref>『共同被告同士に告ぐる書』</ref>
 
議論を通じて両者の見解は「日本独自の汎アジア(大東亜)社会主義革命を成し遂げることにより世界社会主義につなげる」<ref>世界社会主義の実現は、形式的国際主義に拠らず、各国特殊の条件に即し、その民族の精力を代表する労働階級の精進する一国社会主義建設の道を通ずる『共同被告同志に告ぐる書』</ref>で一致し、1933年6月10日、この議論を纏める形で『共同被告同志に告ぐる書」と題する声明書を公表した。既に獄中にあった党員に対しても、[[刑務所]]を通じて彼らの転向声明書が配布された。
 
この声明書の効果は絶大で、一ヶ月もしないうちに幹部の[[高橋貞樹]]・[[三田村四郎]]・[[中尾勝男]]・[[風間丈吉]]・[[田中清玄]]が転向、学者の[[河上肇]]も転向宣言をし、以降雪崩を打ったかのように転向が相次いだ。転向せずに終戦を迎えたのは[[宮本顕治]]など少数のみであった<ref>[[保阪正康]] 昭和史の大河を往く 第251回 [[サンデー毎日]] 2011年3月27日特大号 pp.52-55</ref>。
 
戦後日教組など左派労組を組織し、日本社会党を結成したメンバーはこの転向組である。
 
==要旨==
132

回編集