「共同被告同志に告ぐる書」の版間の差分

< この歴史的に蓄積された経験は、今日の発達した文化と相俟ち新時代の代表階級たる労働階級が社会主義への道を日本的に、独創的に、個性的に、且つ極めて秩序的に開拓するを可能ならしめるであろう。><ref>『共同被告同士に告ぐる書』</ref>
 
この声明書の効果は絶大で、一ヶ月もしないうちに幹部の[[高橋貞樹]]・[[三田村四郎]]・[[中尾勝男]]・[[風間丈吉]]・[[田中清玄]]が転向、学者の[[河上肇]]も転向宣言をし、以降雪崩を打ったかのように転向が相次いだ。転向せずに終戦を迎えたのは[[宮本顕治]]など少数のみであった<ref>[[保阪正康]] 昭和史の大河を往く 第251回 [[サンデー毎日]] 2011年3月27日特大号 pp.52-55</ref>
 
戦前、対中・対米英開戦を支持して[[近衛内閣|近衛政権]]の[[新体制運動]]を主導し、戦後[[日本教職員組合|日教組]]など左派労組を組織し、[[日本社会党]]を結成したメンバーはれら転向組である。
 
==要旨==
132

回編集