メインメニューを開く

差分

柏尾川

899 バイト追加, 10 か月前
編集の要約なし
[[File:Kashiogawagouryuu.JPG|thumb|阿久和川(左)平戸永谷川(右)合流点]]
[[File:舞岡川と柏尾川の合流.JPG|thumb|柏尾川と舞岡川の合流点]]
'''柏尾川'''(かしおがわ)は、[[神奈川県]]南部を流れる[[二級河川]]。[[境川 (東京都・神奈川県)|境川]]の支流である。'''戸部川'''とも呼ばれる。全長は[[戸塚区]][[柏尾町]]から[[藤沢市]][[川名]]で境川と合流するまでの約11km、[[流域面積]]は約84[[平方キロメートル|km<sup>2</sup>]]<ref>{{Cite web|url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/kids/river/kasio.html|title=横浜市 戸塚区役所 柏尾川 |publisher=横浜市戸塚区役所|date=2012-03-05|accessdate=2018-02-08}}</ref>。
 
== 地理 ==
源流である戸塚区の周囲の区から流れる複数の小川のうち港南区から流れる[[平戸永谷川]](ひらどながやがわ)と瀬谷区から流れる[[阿久和川]](あくわがわ)が合流する戸塚区[[柏尾町]]付近から柏尾川の名称に変わる。[[戸塚駅]]付近より[[大船駅]]付近までJR[[東海道本線]]沿いを流れ、[[手広]]付近までは[[神奈川県道304号腰越大船線]]にほぼ平行に沿う。手広付近からは[[神奈川県道32号藤沢鎌倉線]]を[[藤沢駅]]方向に流れ、[[藤沢市]][[川名]]で[[境川 (東京都・神奈川県)|境川]]に[[合流]]する<ref>{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/mitemati/pdf/07.pdf |title=柏尾川Q&A(『見てわかる!戸塚のまちづくり』)PDFアイコン柏尾川はどこから流れて、どこへ流れていくの?|publisher=横浜市戸塚区役所 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。
 
流域は工場や宅地が数多く立ち並んでいるため、[[高度経済成長|高度経済成長期]]ごろになると大量の[[工場排水]]・[[生活排水]]が川に流れるようになった。このため川は[[ヘドロ]]で淀み、夏場になると悪臭が漂うドブ川となっていたが、下水処理網の整備が進んだことなどにより近年では川鳥や川魚が生息できるような状態に改善されている。
 
戸塚駅周辺の[[河川敷]]には[[サクラ|桜]]並木が植えられており<ref>{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/mitemati/pdf/04.pdf |title=柏尾川Q&A(『見てわかる!戸塚のまちづくり』)柏尾川の桜並木の歴史を教えて!|publisher=横浜市戸塚区役所  |accessdate=2018-02-08}}</ref>、地域住民の憩いの場となっている。
 
== 流域の自治体 ==
 
== 生物 ==
水質汚濁によって一時魚が見られなくなっていた柏尾川だが、工場廃水・生活廃水の減少にともない、まず[[コイ]]や[[フナ]](下流部には[[ハゼ]]・[[ボラ]])といった、比較的水質汚染に耐性のある魚が多く繁殖した<ref name="QA09">{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/mitemati/pdf/09.pdf|publisher=横浜市戸塚区役所 |title=柏尾川Q&A(『見てわかる!戸塚のまちづくり』)柏尾川で生きている魚の種類は? |accessdate=2018-02-08}}</ref>。長年にわたる[[メダカ]]や[[オイカワ]]などの放流によってこれらの魚も次第に定着<ref name="QA09" />し、近年ではさらなる水質の改善に伴って[[アユ]]、[[スズキ (魚)|スズキ]]の遡上も見られるようになった<ref name="kaiyoseibutsu12">{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/kenkyu/shiryo/pub/d0010/pdf/d0010a.pdf|publisher=横浜市戸塚区役所 |title=横浜の川と海の生物(第12報・河川編) |accessdate=2018-02-08}}</ref><ref>{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/mamoru/kenkyu/shiryo/pub/pub0161/pdf/pub016107.pdf |title=横浜の川におけるアユの分布状況 2007年度調査と繁殖予備調査 横浜市環境科学研究所報 第33号|publisher=横浜市環境科学研究所|date=2009 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。
他にウナギ<ref>{{Cite web |url=https://www.townnews.co.jp/0109/i/2016/10/27/354555.html|publisher=タウンニュース |title=柏尾川でウナギを発見 飯島小児童が飼育中|date=2016-10-27 |accessdate=2018-02-08}}</ref>、[[ナマズ]]、モロコ([[クチボソ]])、[[ドジョウ]]などが魚類では確認されている。
甲殻類では、[[アメリカザリガニ]][[スジエビ]][[ヌマエビ]][[テナガエビ]]などがいる<ref name="kaiyoseibutsu12" />
両生類・爬虫類としては、[[ウシガエル]][[アマガエル]]、ミシシッピーアカミミガメ、[[クサガメ]]などが繁殖している。
 
水質の改善によって魚が生息するようになると、それらをエサにする鳥達も集まるようになった。柏尾川では1990年代頃から[[サギ]]類や[[カモ]]類などの水鳥が頻繁に見られるようになり、少数ながら[[カワセミ]]も見られる<ref name="QA10">{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/mitemati/pdf/10.pdf |title=柏尾川Q&A(『見てわかる!戸塚のまちづくり』)柏尾川に集まる鳥の種類は?|Publisher=横浜市戸塚区役所 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。河口部では[[カモメ]]なども数多く見られる<ref name="QA10" />。
 
絶滅危惧Ⅱ類に指定され、千葉、神奈川、高知、宮崎の4県のみに生育する[[アカバナ科]]の多年草「[[ミズキンバイ]]」の自生地となっている。ミズキンバイが自生する都市河川は、全国でも柏尾川のみである{{要出典|date=2018-02-13}}
 
== 災害 ==
柏尾川は、大雨が降るたびに氾濫し、また晴天が数日つづくと干上がってしまい流域の住民を困らせていたが、近世以降に度々行われた治水工事によって次第に水害・干害は減少していった。
 
しかし[[1955年]]ごろから始まる周辺地域の急速な宅地化によって、それまで水を蓄えていた水田・森林が減少すると、柏尾川の保水能力は低下し再び氾濫が頻発するようになった<ref name="QA08">{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/totsuka/mitemati/pdf/08.pdf |title=柏尾川Q&A(『見てわかる!戸塚のまちづくり』)柏尾川って昔はよくあふれたの?|Publisher=横浜市戸塚区役所 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。[[1965年]]ごろより[[遊水地]]([[栄区]])の設置や川幅の拡張、川底の浚渫などさらなる治水環境の整備がたびたび行われた<ref name="QA08"/>ため、[[1982年]]以降大きな氾濫は絶える事になる。
 
久しく水害とは縁のなかった柏尾川だったが、[[2004年]][[10月9日]]に[[関東地方]]を襲った[[平成16年台風第22号|台風22号]]では、低地となっている[[大船駅]]周辺、境川との合流地点である藤沢市川名付近など広い範囲で氾濫を起こし大きな被害を残した<ref>{{Cite web |url=http://www.kensetsu.metro.tokyo.jp/content/000007310.pdf |title=境川水系河川整備基本方針 |publisher=東京都建設局|accessdate=2018-02-08}}</ref>。[[2014年]][[10月6日]]に襲った[[台風18号 (2014年)|台風18号]]では、柏尾川の避難判断水位を超え、「内水はん濫」の状態となり[[大船駅]]東口周辺など10件の道路[[冠水]]が発生<ref>{{Cite web |url=https://www.townnews.co.jp/0602/2014/10/10/255032.html |title=鎌倉でも大きな被害 |publisher=タウンニュース |date=2014-10-10 |accessdate=2018-02-08}}</ref>、[[横浜市営地下鉄ブルーライン]][[戸塚駅]]が[[浸水]]し、鉄道各社も大幅な遅延や運休が生じ多大な被害を起こした<ref>{{Cite web |url=http://www.city.yokohama.lg.jp/koutuu/kigyo/newstopics/2014/news/20141105113442.html |title=台風18号の影響による市営地下鉄・バスの状況について |publisher=横浜市交通局 |date=2014 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。このため地域住民からは治水対策の見直しを訴える声も聞かれた<ref>{{Cite web |url=https://www.townnews.co.jp/0108/2017/07/27/392207.html |title=県政報告39 豪雨対策、治水は最重要課題|publisher=タウンニュース|date=2017-7-27 |accessdate=2018-02-08}}</ref>。
 
2014年10月6日に襲った[[台風18号 (2014年)|台風18号]]では、戸塚駅周辺で氾濫を起こし、[[横浜市営地下鉄ブルーライン]]戸塚駅が冠水し、JR戸塚駅地下改札浸水などにより、戸塚駅全線運転見合わせと多大な被害を起こした<ref>[https://matome.naver.jp/odai/2141255859057576301 【画像集】東海道線の戸塚駅が浸水し始め乗客全員避難誘導 駅下の川がヤバい] 2018年2月12日閲覧。</ref>。
 
==出典==
129

回編集