メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
== エピソード ==
 
=== モード・シルヴィ・ヴァルタン (Création Sylvie Vartan) === 
 
[[ファイル:Sylvie Vartan (Frans zangeresje) getrouwd met Johny Hallyday - NA - 918-9047.jpg|thumb|サングラス - シルヴィ・ヴァルタン・クリエイション]]
 
1965年から1970年まで「Création Sylvie Vartan」と称したプレタポルテ・コレクションを発表。『[[ELLE (雑誌)|ELLE]]』誌の表紙を飾り毎回紹介される。ヴィクトル・ユーゴ通り (Avenue Victor-Hugo) にパリ第1号ブティックを開き、フランスに他3店舗とベルギーにも出店。自身のコレクションに加え、シルヴィは特に1960年1970年代、長い手足・華奢なシルエットが注目され、『ELLE』や『[[ヴォーグ (雑誌)|Vogue]]』誌上において、YSLなどクチュリエ製作のジャンプ・スーツからミニやドレスまで、様々なファッションに身を包み、[[ヘルムート・ニュートン]]などの撮影に応じた。日本では、1965年5月(20歳)の初来日時の写真の一つに「西武シルヴィ・・・協賛東洋レーヨン」のボードをバックに記者会見をするシルヴィの姿がある通り、西武百貨店にシルヴィのモード・コーナーがオープンするほどの当時の人気ぶりが伺える。ちなみに1996年オランピア劇場公演ライヴCDジャケットの撮影は[[ピーター・リンドバーグ]]による。2004年10月16日から2005年2月27日迄4ヶ月間ガリエラ美術館(パリ市モード博物館)にて「Sylvie Vartan, revue de mode(シルヴィ・ヴァルタンとモード)」展が開催される。そうした経歴から、現在もインタビューの度にモードについて質問を受けるが、「もちろん関心はあるが、私はファッションの奴隷ではない。いつも自分の好きなものを身につける」と答えている。
 
625

回編集