「平林正恒」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{基礎情報 武士
'''平林 正恒'''(ひらはやし まさつね、[[天文 (日本)|天文]]19年([[1550年]]) - [[元和 (日本)|元和]]8年[[2月18日 (旧暦)|2月18日]]([[1622年]][[3月29日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]初期の[[武将]]。初め[[甲斐国]][[武田氏]]家臣、武田氏滅亡後に[[越後国]]の[[上杉氏]]家臣となり、[[会津]]や[[米沢藩|米沢]]転封に従い、[[奉行]]を務める。[[諱]]は恒忠、正恒。通称は与八郎、蔵人。
| 氏名 = 平林正恒
| 画像 =
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 時代 = [[戦国時代 (日本)|戦国時代]] - [[江戸時代]]前期
| 生誕 = [[天文 (日本)|天文]]19年([[1550年]])
| 死没 = [[元和 (日本)|元和]]8年[[2月18日 (旧暦)|2月18日]]([[1622年]][[3月29日]])
| 改名 =
| 別名 = 恒忠、正恒、通称:与八郎、蔵人
| 諡号 =
| 神号 =
| 戒名 =
| 霊名 =
| 墓所 =
| 官位 =
| 幕府 =
| 主君 =
| 藩 =
| 氏族 = [[平林氏]]
| 父母 = 父:[[平林正家]]
| 兄弟 =
| 妻 =
| 子 =
| 特記事項 =
}}
 
'''平林 正恒'''(ひらはやし まさつね、[[天文 (日本)|天文]]19年([[1550年]] - [[元和 (日本)|元和]]8年[[2月18日 (旧暦)|2月18日]]([[1622年]][[3月29日]]))は、[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]から[[江戸時代]]にかけての[[武将]]。初め[[武田氏#甲斐国]][[武田氏]]家臣、|甲斐武田氏滅亡後に[[越後国]][[上杉氏]]家臣となり、[[会津]]や[[米沢藩|米沢]]転封に従い、[[奉行]]を務める。[[諱]]は恒忠、正恒。通称は与八郎、蔵人
 
== 経歴 ==
[[天文 (日本)|天文]]19年([[1550年]])、[[平林正家|平林肥後守正家]]の子として誕生。
父は平林正家(肥後守)。武田氏家臣として[[信濃国]]更級郡平林城城主を勤めていたが、[[天正]]10年([[1582年]])に[[織田信長]]、[[徳川家康]]連合軍により[[天目山の戦い]]で武田氏が滅亡すると越後国に逃れて上杉氏に250石で仕える。その後、[[直江兼続]]に算勘を認められて1000石を給される。[[慶長]]3年([[1598年]])に[[白河小峰城]]に移り、5360石となり、同6年([[1601年]])には[[福島城]]二の丸に入り、伊達、信夫両郡の奉行となる。
 
父は平林正家(肥後守)。武田氏家臣として[[信濃国]][[更級郡]][[平林城 (信濃国)|平林]]主をめていたが、[[天正]]10年([[1582年]])に[[織田信長]]、[[徳川家康]]連合軍により[[天目山の戦い]]で武田氏が滅亡すると[[越後国]]に逃れて上杉氏に250石で仕える。その後、[[直江兼続]]に算勘を認められて1000石を給される。[[慶長]]3年([[1598年]])に[[白河小峰城]]に移り、5360石となり、同6年([[1601年]])には[[福島城]]二の丸に入り、伊達、信夫両郡の奉行となる。
 
慶長13年([[1608年]])に[[春日元忠]]が死去すると、その後を継いで郡代と奉行を兼ねた執政となり、直江の下で藩政諸般を統括した。
 
[[元和 (日本)|元和]]8年([[1622年]])、死去。
 
== 子孫 ==
平林家は[[明治]]期まで、[[家格]]侍組分領家として続き重職につくが、[[宝暦]]7年([[1757年]])に二の丸奉行兼侍頭の[[平林正相]]が[[森利真|森平右衛門]]により罷免されたり、[[七家騒動]]で[[平林正在]]が[[上杉治憲]]と[[竹俣当綱]]による改革に対する反対派に組して蟄居処分を受けている。
 
== 参考文献出典 ==
*「三百藩家臣人名事典1」新人物往来社