「ピアス病菌」の版間の差分

m
ref style(シングルクオーテーション → ダブルクオーテーション)
m (微修正)
m (ref style(シングルクオーテーション → ダブルクオーテーション))
| 画像キャプション=
| 名称=ピアス病菌
| ドメイン=[[真正細菌]] [[:wen:Bacteria|Bacteria]]
| 門=[[プロテオバクテリア|プロテオバクテリア門]]<br />[[:wen:Proteobacteria|Proteobacteria]]
| 綱=[[プロテオバクテリア門#ガンマプロテオバクテリア綱|γプロテオバクテリア綱]]<br />[[:wen:Beta Proteobacteria|Beta Proteobacteria]]
| 目=[[キサントモナス目]]<br />[[:wen:Xanthomonadales|Xanthomonadales]]
| 科=[[キサントモナス科]]<br />[[:wen:Xanthomonadaceae|Xanthomonadaceae]]
| 属 = ''[[Xylella]]''
| 種 = '''''X. fastidiosa'''''
| 学名 = ''Xylella fastidiosa'' <br />Wells et al., 1987
}}
 
感染する植物は350種以上確認されており<ref>[http://www.bbc.com/news/science-envir Gardens under threat from 'game changing' plant disease](BBC)</ref>、発病はほとんどアメリカ大陸であるが、ヨーロッパ、中東、台湾などでも発生している。多くの植物は、病気に罹っていても[[無症候性キャリア]]であり、拡大防止を難しくしている。
 
日本においては、検疫有害動植物(輸入検疫有害菌)であり、検査で本菌が発見された荷口については廃棄する事になっている<ref name=''"nourin''">[http://www.maff.go.jp/j/syouan/keneki/kikaku/pdf/2_2_23_xylella_fastidi_pra.pdf Xylella fastidiosa に関する病害虫リスクアナリシス報告書]([[農林水産省]])</ref>。
 
== ピアス病 ==
 
==症状==
[[木部]][[道管]]内、根、茎及び葉内で増殖する。細菌の凝集、植物による{{仮リンク|チロース|en|Tylose}}や粘着物の形成により道管を詰まらせ、植物を枯れさせる。また、細菌は感染部位で増殖するが、植物体内を循環することはない<ref name=''"nourin''"/>。
 
== 脚注 ==