「ペカフヤ」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
{{基礎情報 君主
| 人名 = ペカフヤ
| 各国語表記 = פקחיה
| 君主号 = 北イスラエル王
| 画像 = Phacea-Pekahiah.jpg
| 画像サイズ =
| 画像説明 =
| 在位 = [[紀元前741年]] - [[紀元前739年]]
| 戴冠日 =
| 別号 =
| 全名 =
| 出生日 =
| 生地 =
| 死亡日 = [[紀元前739年]]
| 没地 =
| 埋葬日 =
| 埋葬地 =
| 配偶者1 =
| 配偶者2 =
| 子女 =
| 王家 =
| 王朝 =
| 王室歌 =
| 父親 = [[メナヘム]]
| 母親 =
| 宗教 =
| サイン =
}}
'''ペカフヤ'''は、[[イスラエル王国|北イスラエル王国]]の第17代の王である。名前は[[ヘブライ語]]で「[[ヤハウェ]]は目を開いた」という意味である。王位を世襲した最後の北イスラエル王である。
 
== 概要 ==
紀元前741年に父[[メナヘム]]の死去に伴い即位した。ペカフヤは父の親[[アッシリア]]政策を継承したが、2年後に反アッシリ派の侍従[[ペカ]]に、アルゴブとアルエと共に殺害された。
 
ペカフヤはダンとベテルで偶像礼拝を国策として推進した。預言者[[ホセア (預言者)|ホセア]]はペカフヤ時代の偶像礼拝を非難している。