「セクト」の版間の差分

m
== 対策 ==
===ヨーロッパ===
ヨーロッパでは[[欧州連合|EU議会]]において、[[1982年]]4月、[[社会問題]]を起こす[[統一教会]]への対策が検討された。議題は統一教会に以外のセクト、新宗教に広がり、2年間の討議を経て、[[1984年]]5月、セクト対策に関する共通の指針を示した「EC決議」(「宗教団体に与えられた保護の下で活動している新しい組織によるさまざまな法の侵害に対する欧州共同体加盟諸国による共同の対応に関する決議」)が採択された(賛成98、反対28、棄権27))<ref>[[山口広]] (著), [[紀藤正樹]] (著), [[滝本太郎]] (著) 『Q&A 宗教トラブル110番―しのびよるカルト』(民事法研究会; 全訂増補版 2004年2月) ISBN 978-4896281866</ref>。その後EU議会は[[1993年]]、[[1996年]]にも更なる決議を採択した。ユーロポール([[欧州刑事警察機構]])もセクトの情報収集を行って来た。
 
フランス・ベルギー・ドイツでは、委員会を設けて、セクト団体リストの作成などを行った。フランス政府は、セクト現象についての調査委員会を国会に設置した。