「ゴータム」の版間の差分

この村の名は「[[ヤギ|山羊]](got = goat)の町(-ham = home、[[チャタム (イングランド)|Chatham]]、[[バッキンガム|Buckingham]]、[[ノッティンガム|Nottingham]]など多くの地名に用いられる)」を意味し、ゴータム ({{ipa|ˈɡoʊtəm}}) と発音される<ref>{{citation|url=http://www.bbc.com/news/uk-england-nottinghamshire-24760791|author=Caroline Lowbridge|date=2014-01-01|title=The real Gotham: The village behind the Batman stories|publisher=BBC News}}</ref>。しかし、綴り字の影響によって、ニューヨークの別名や[[バットマン]]に登場する都市の名前はゴッサム ({{ipa|ɡɑθəm}}) と発音されるのが普通である。
 
== 概要逸話 ==
この村が有名になったのは「'''ゴータムの賢人''' ('''Wise Men of Gotham''')」という逸話による。英語で「ゴータムの賢人」といえば馬鹿者をさすが、これはヤギが馬鹿な動物とみなされていたことと関係するかもしれない<ref name="nypl">{{citation|url=https://www.nypl.org/blog/2011/01/25/so-why-do-we-call-it-gotham-anyway|title=So, Why Do We Call it Gotham, Anyway?|author=Carmen Nigro|date=2011-01-25|publisher=New York Public Library}}</ref>。ある逸話では、実際には馬鹿者のふりをしていただけだとする。村の近くに国道を建設しようとした[[イングランド王国|イングランド]]国王[[ジョン (イングランド王)|ジョン]]が村の支援を要求するために使者を送り、そのための費用を負担したくなかった村人は全員で物のわからない馬鹿者のふりをして難を逃れた、ということになっていわけであ<ref name="nypl"/>
 
19世紀の[[アメリカ合衆国]]の作家[[ワシントン・アーヴィング]]は、「[[マザーグース]]」にもなった「ゴータムの賢人」の馬鹿者ぶりをもとに、風刺新聞『サルマガンディ』(''Salmagundi'')の[[1807年]][[11月11日]]号でニューヨーク市のことを「ゴッサム」と呼んだ<ref>Burrows, Edwin G. and Mike Wallace. ''Gotham: A History of New York City to 1898''. (Oxford University Press, 1999), 417.</ref>。