「渋川玄耳」の版間の差分

m
 
==経歴==
[[佐賀県]][[杵島郡]]西川登村小田志(現[[武雄市]]西川登町小田志)出身。[[長崎市立長崎商業高等学校|長崎商業]]を卒業後、法律家を志し上京。[[獨逸学協会学校|獨逸学協会中学校]]および[[國學院大學|國學院]]で学び、東京法学院(現[[中央大学]])に進み卒業。[[高等文官試験]]に合格し、福島県いわき市平区裁判所の裁判官となる。その後、[[法務官 (日本軍)|陸軍法務官]]として熊本県の[[第6師団 (日本軍)|第六師団]]に勤務。熊本時代には、[[夏目漱石]]を主宰に[[寺田寅彦]]、[[厨川千江]]らがおこした俳句結社[[紫溟吟社]](しめいぎんしゃ)に参加。漱石が英国留学で不在時には、[[池松迂巷]]らと紫溟吟社を支え、機関紙『銀杏』を創刊。熊本の俳句文化の基礎づくりに貢献。
 
[[日露戦争]]で従軍法務官として満州に出征した際、[[東京朝日新聞]]特派員の[[弓削田精一]]と親しくなり、東京朝日新聞に現地ルポを寄稿するようになる。それらの文章は『従軍三年』という書物にまとめられ評判を呼ぶ。弓削田の推薦で熊本出身の[[池辺三山]]主筆に請われ、[[1907年]](明治40年)3月東京朝日新聞へ入社。「辣腕社会部長」として斬新なアイディアを次々に出し、記事の口語体化や、社会面の一新、家庭欄の充実を図る。「取材法」や「記者養成システム」を、現在につながる方法に革新。