「モデル (職業)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[俳優]]や[[タレント]]などは、演技や芸など内面的な特徴が重要視されるためモデルには含まない。ただしCMモデルなど境界線的な種別もあり、またカリスマモデルや[[グラビアアイドル]]など、各々の個性も売りにするモデルも存在する。
 
卓越した世界的知名度とトップデザイナーとのキャリアのあるファッションモデルが、[[スーパーモデル]]と言われている。スーパーモデルの[[人種]]比率は、[[白人]]が圧倒的多数を占め<ref>「ブランド広告の特徴とイメージ」(関西大学:常木暎生) {{Hdl|10112/888}}</ref><ref>[http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/57210/1/oep066_1_070.pdf CM広告における外国人モデル起用の有効性について]</ref><ref>[http://koichinakagawa.web.fc2.com/studentessay/kawamototoganotakabayashi.docx 白人モデルをテレビCMに起用することは、高関与商品においては有効であることが実証されてきた]</ref><ref>[http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_10353990_po_ART0007278725.pdf?contentNo=1&alternativeNo= コケージアン・モデル使用広告の認知的・心理的効果の検証]</ref>[[黒人]]や[[モンゴロイド]]の比率は低い<ref>[https://jezebel.com/5990201/worlds-top-fashion-weeks-nearly-90-white World's Top Fashion Weeks Nearly 90% White.]</ref>。
 
人物全体でなく、特定の部分だけを露出する[[パーツモデル]]という職業もある(手タレ、足タレなど)。
751

回編集