「共有結合結晶」の版間の差分

改名実施に伴う修正。
m (Saigen Jiro がページ「共有結晶」をリダイレクトの「共有結合結晶」に移動しました: 適切な学術用語への修正のため(ノートにて合意形成済)。)
(改名実施に伴う修正。)
 
'''共有結合結晶'''(きょうゆうけつごうけっしょう、{{Lang-en-short|covalent crystal}})は、[[共有結合]]によって形成される[[結晶]]。一つの結晶粒で一つの分子(巨大分子)を形成しているため、化学式で表す際は形成される元素とその比率により表される。慣用的に「共有結晶(きょうゆうけっしょう)」とも<ref>『[[学術用語集]]』(物理学編・分光学編)。</ref><ref>[http://www.chemistry.or.jp/news/press/1-1.html 高等学校化学で用いる用語に関する提案(1)](日本化学会、2015年3月17日更新版)。<br>[http://www.chemistry.or.jp/news/information/1-2.html 高等学校化学で用いる用語に関する提案(1)への反応](日本化学会、2018年1月25日更新版)。</ref>。
{{改名提案|共有結合結晶|date=2018年2月}}
'''共有結晶'''(きょうゆうけっしょう、covalent crystal)は、[[共有結合]]によって形成される[[結晶]]のこと。この名称は『[[学術用語集]]』(物理学編・分光学編)で定められている。一つの結晶粒で一つの分子(巨大分子)を形成しているため、化学式で表す際は形成される元素とその比率により表される。'''共有結合結晶'''とも呼ばれる。
 
[[ダイヤモンド]]などのように、共有結晶の中で各原子どうしは強い結合を形成する場合があり、その結果、融点が高かったり硬い性質を持つ場合がある。通常、[[電気伝導性]]はほとんどない。
 
その他、[[ケイ素]](シリコン)、[[二酸化ケイ素]]、[[炭化ケイ素]]などが共有結晶を作る。
 
== 脚注 ==
{{脚注ヘルプ}}
{{reflist}}
 
== 関連項目 ==
* [[結晶学]]
 
{{DEFAULTSORT:きようゆうけつこうけつしよう}}
{{Chem-stub}}
[[Category:結晶]]