「予備自衛官補」の版間の差分

(海上自衛隊についての追記および出典の追加)
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
 
== 予備自衛官補制度の今後の動向 ==
防衛省内に設置された「防衛力の人的側面についての抜本的改革に関する検討会」が平成19年(2007年)に同省に提出した「防衛力の人的側面についての抜本的改革報告書」では、今後の検討課題として特に医療、語学、情報通信など特殊技能を有する者については予備自衛官補制度の海上自衛隊、航空自衛隊への導入も検討する方針を示し<ref>{{Cite web |date=2007-06-28 |url=http://www.mod.go.jp/j/approach/others/jinji/report4_5.pdf |title=防衛力の人的側面についての抜本的改革報告書 |work=(17)予備自衛官制度の充実 |format=PDF |publisher=[[防衛省]]・[[自衛隊]] |accessdate=2012-04-21}}</ref>、平成28年(2016年)より海上自衛隊で国家[[海技士]]資格の保有者を対象とした技能公募での予備自衛官補の採用を開始したが、[[全日本海員組合]]の「事実上、民間人の徴用にあたる。」という反対の影響か合格者は僅か1人であり、それ以降募集は行われていない
 
== 著名な予備自衛官補経験者 ==
34

回編集