メインメニューを開く

差分

m
編集の要約なし
その後、台湾ラーメンは周辺の飲食店にも影響を及ぼすようになった。例えば、[[名古屋大学]][[生活協同組合|生協]]の学生食堂や[[トヨタ自動車]]の社員食堂などでは、レギュラーメニューとして取り扱っており固定ファンが多い。現在では、名古屋市内の中華料理店のおよそ7割がメニューに置いている台湾ラーメンは、既に名古屋のご当地ラーメンの一つになっていると言える<ref name="misen" /><ref name="taberu">[http://www.nagoya-info.jp/gourmet/taiwan.html 台湾ラーメン | 食べる | 名古屋観光情報 名古屋コンシェルジュ] 公益財団法人 名古屋観光コンベンションビューロー</ref>。しかし、[[東海三県]]とその周辺<ref group="注" name="area">[[遠州]]地方など</ref>以外の地方では台湾ラーメンを取り扱う店舗はほとんどなく、[[大阪府]]などの一部の地方で若干取り扱っている店を目にする程度で、日本中で広く認知されているとは言えない状況である。
 
郭明優は弟妹が4人おり、のれん分けにより名古屋市内で知られるようになった。2016年には[[東京]]・[[神田駅 (東京都)|神田駅]]近くにも系列店を出店し、首都圏でも知られるようになりつつある<ref>[http://www.sankei.com/region/news/170828/rgn1708280053-n1.html 名古屋味噌あじ 甘いコクとまろやかさで首都圏進出]『[[産経新聞]]』朝刊2017年8月28日(東京面)</ref>。
 
非常に辛いため、辛さが苦手な人にも配慮し、アメリカン・コーヒーと同じく辛さを薄くした「アメリカン」も味仙では存在する<ref>{{Cite web|url=http://nikkan-spa.jp/100494|title=「台湾ラーメン」初心者は“アメリカン”で舌を慣らせ!|publisher=日刊SPA!|date=2011-12-02|accessdate=2016-11-06|language=日本語}}</ref>。反対に辛さを増した「イタリアン」を提供する味仙の支店もある。
13,401

回編集