「モンスターハンター (ファミ通文庫)」の版間の差分

編集の要約なし
 
=== あらすじ ===
イャンクックの最速討伐記録を打ち立てた駆け出しハンター、ジーグ・グランエスト。一人前のハンターだと思い上がっていたある日、ジーグは住み慣れた村を離れ、街へ出て「ギルド」に登録する。仲間との出会いや飛竜との戦いを通して、少年は次第に「狩り」とは何か、「ハンター」とは何かを学んでいく
 
=== 登場人物 ===
=== あらすじ ===
==== 魂を継ぐ者 ====
亡き父の背中を追ってハンターを志す少年キオ。ジャンボ村にやってきたキオは張り切って狩りに向かうも、結果はドスファンゴ相手に連敗と散々たるものだった。見かねたジャンボ村の村長の提案で熟練のガンナー・クルトアイズに弟子入りする事になったキオは、反発しつつもクルトアイズの指導の下、着実にハンターとしての知識と技術を身に付けていく。しかし順調に上がっていく腕前とは裏腹にキオの心には拭い難い苦悩が秘められていた。果たしてキオは一人前のハンターとなれるのだろうか?
 
==== 疾風の翼 ====
====天衣無縫のD====
 
心優しい青年サラクは、かなりの実力を持ちつつも大型モンスターに挑むことなく大好きなモンスターの絵を描いて穏やかな日々を送っていた。そんなある日、バルバレの市場で伝説のハンター集団に憧れているという少女フレアに声をかけられ、強引に狩りへと連れ出されることに。彼女はサラクこそ伝説のハンターに繋がる鍵だと断言する
そんなある日、バルバレの市場で伝説のハンター集団に憧れているという少女フレアに声をかけられ、強引に狩りへと連れ出されることに。
彼女はサラクこそ伝説のハンターに繋がる鍵だと断言する。
 
==== 氷雪無尽の獄狼竜 ====
==== あらすじ ====
 
ハンター一家に生まれたソニアは、故郷を離れ、龍歴院所属のハンターになるべく、オトモのチッカとベルナ村を訪れた。しかし、そこで待っていたのは募集が終了したとのあまりに残酷な知らせ。ショックと空腹で気を失った彼女は、ベルナ村で繁盛するレストラン龍ネコ亭の従業員兼ハンターのセイジに介抱される。住む場所、お金もないソニアは、龍ネコ亭で働くことを条件にベッドと食事を確保した。
しかし、そこで待っていたのは募集が終了したとのあまりに残酷な知らせ。
ショックと空腹で気を失った彼女は、ベルナ村で繁盛するレストラン龍ネコ亭の従業員兼ハンターのセイジに介抱される。
住む場所、お金もないソニアは、龍ネコ亭で働くことを条件にベッドと食事を確保した。
実は龍ネコ亭の店主ジャンゴは凄腕の料理アイルー兼、経験豊富なニャンター。無謀な狩りで大怪我をしてモンスターを恐れるようになったセイジを預かり、一人前のハンターになるべく育て直しの最中だった。そこにソニアとチッカが加わり、古代林を駆け巡り、見落としと発見、老いと成長が描かれる
無謀な狩りで大怪我をしてモンスターを恐れるようになったセイジを預かり、一人前のハンターになるべく育て直しの最中だった。
そこにソニアとチッカが加わり、古代林を駆け巡り、見落としと発見、老いと成長が描かれる。
 
==== 登場人物 ====
=== あらすじ ===
{{要あらすじ}}
M.S.S ProjectのFB777(FB777(エフビー)とKIKKUN-MK-II(II(きっくん)、あろまほっと、eoheoh(eoheoh(えおえお)の4人が、モンハンの世界で音楽活動をしつつハンター生活をしていく。
 
一巻ではFB中心。ドントルマを拠点として旧砂漠でティガレックスと戦う物語。