「マツダ・トリビュート」の版間の差分

編集の要約なし
'''トリビュート'''(''Tribute'')は、[[マツダ]]が[[2000年]]から[[2011年]]にかけて生産していたクロスオーバーSUV型の[[普通自動車]]である。日本国内では[[スズキ・エスクード]]のOEMだった[[マツダ・プロシードレバンテ|プロシードレバンテ]]に代わる車種として、[[2000年]]から[[2006年]]まで販売が行われた。
 
== 歴史 ==
=== 初代(2000年-2006年) ===
{{Double image stack|right|1st generation Mazda Tribute.jpg|1st generation Mazda Tribute rear.jpg|250|初代トリビュート}}
[[2000年]]11月、発売を開始。当時の親会社の[[フォード・モーター]]と共同開発した小型クロスオーバーSUVで、フォードからも[[姉妹車]]として[[フォード・エスケープ]]が[[2001年]]に発売されている。[[プラットフォーム (自動車)|プラットフォーム]]は[[モノコック]]であるが、セダンからの流用ではなく、トリビュートとエスケープのために[[マツダ・Gプラットフォーム#GF|GFプラットフォーム]]をベースに新規開発されたフォード・CD2 (U204)プラットフォームと呼ばれるものであり、フォード本社のサイトではクロスオーバーではなくSUVにジャンル分けしていたがそれは販売戦略面での話で厳密にはクロスオーバーSUVである。両車の外観は非常に似通っているが、外板は全くの別物である。エンジンは当初フォード製[[直列4気筒]]2,000ccとフォード製[[V型6気筒]]3,000ccの2種類を用意。直4は[[2003年]]にマツダ製2,300ccに切り替えられた。
 
一時期、映画「[[サトラレ]]」・音楽・アパレル業界とタイアップし、「トリビュート・リンク」というプロジェクトを立ち上げたことがあった。
715

回編集