「最小偏移変調」の版間の差分

m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:q4156818 に転記)
 
 
== ガウス最小偏移変調 ==
'''ガウス最小偏移変調'''({{lang-en-short|Gaussian minimum shift keying、'''GMSK'''}})は、連続位相[[デジタル変調|周波数偏移]][[変調方式]]の一種である。標準的な最小偏移変調 (MSK) と似ているが、周波数変調を行う前にデジタルデータストリームを[[ガウス関数|ガウシアンフィルタ]]で形成する。これによって[[側波帯]]電力を低減でき、隣接する周波数チャンネル間の干渉を減らす効果がある。しかし、ガウシアンフィルタによって変調記憶が増大し、[[符号間干渉]]が起きる。そのため、前後のデータ間の識別が難しくなり、受信側で[[適応イコライザ]]のような複雑なイコライゼーションアルゴリズムを必要とする。
 
これによって[[側波帯]]電力を低減でき、隣接する周波数チャンネル間の干渉を減らす効果がある。しかし、ガウスフィルタによって変調記憶が増大し、[[符号間干渉]]が起きる。そのため、前後のデータ間の識別が難しくなり、受信側で[[適応イコライザ]]のような複雑なイコライゼーションアルゴリズムを必要とする。
 
=== 応用 ===
匿名利用者