メインメニューを開く

差分

[[File:1868 Reds.jpg|thumb|right|250px|シンシナティ・レッドストッキングス 1868年]]
1849年4月4日の試合でニューヨーク・ニッカボッカーズが史上初めてユニフォームを着用した。その時のユニフォームは青いウールのズボンと白い[[フランネル]]のシャツ、そして[[麦わら帽子]]だった<ref name=19cbaseball/><ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/introduction.htm| title=National Baseball Hall of Fame - A History of the Baseball Uniform - Introduction| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2008-06-14| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080724155711/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/introduction.htm| archivedate= 24 July 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
ニッカボッカーズのユニフォームはその名称とは裏腹にくるぶしまである通常の長ズボンであったが、現在まで続く膝丈のパンツにストッキングという組み合わせを初めて採用したのが1867年に誕生した[[シンシナティ・レッドストッキングス]]である。レッドストッキングスは最初のプロ野球チームとして各地を興行し、その後の野球ユニフォームのスタイルを決定づけたチームである
ユニフォームを着用するという慣習はすぐに広まり、1900年までに全ての[[メジャーリーグベースボール]]チームが採用した<ref name=baseball-almanac>{{cite web| url=http://www.baseball-almanac.com/articles/uniforms.shtml| title=Baseball Uniforms of the 20th Century by Baseball Almanac| publisher=Baseball Almanac| accessdate=2008-05-02| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080509195105/http://www.baseball-almanac.com/articles/uniforms.shtml| archivedate= 9 May 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
1880年代には、ポジションごとに異なる色や柄のユニフォームを着用し、ストッキングの色のみで所属チームを識別するという試みも行われたが定着しなかった
<ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1882.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Timeline |publisher=National Baseball Hall of Fame|accessdate=2008-05-11| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080405065530/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1882.htm| archivedate= 5 April 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。<!-- Was it the stockings that reflected the different positions, or the whole uniform? Article implied the former, so I left it that way -->
1888年には[[ナショナルリーグ]]の[[デトロイト・ウルバリンズ]]と[[ワシントン・ナショナルズ (1886-1889年)|ワシントン・ナショナルズ]]、また[[アメリカン・アソシエーション]]のブルックリン・ブライドグルームス(現[[ロサンゼルス・ドジャース]])が初めてストライプのユニフォームを使用した<ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/database.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Uniform Database| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2008-05-02| last= | first= | archiveurl= http://web.archive.org/web/20080411043828/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/database.htm| archivedate= 11 April 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
レッドストッキングスが採用したことで初期の標準形となっていた胸当て付きのユニフォームは1897年のボストン・ビーンイーターズ(現[[アトランタ・ブレーブス]])を最後に姿を消し、以降は現在にまで続くシングルブレストのボタンフロントが主流となっていった<ref>[[http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1897.htm A History of Baseball Uniform - National Baseball Hall of Fame]]</ref>。
 
1,342

回編集