「フィフティ・シェイズ・フリード (映画)」の版間の差分

編集の要約なし
==興行収入==
本作は『[[ピーターラビット (映画)|ピーターラビット]]』及び『[[15時17分、パリ行き]]』と同じ週に公開され、公開初週末に3700万ドルから4000万ドルを稼ぎ出すと予想されていたが<ref>{{Cite web|url=http://deadline.com/2018/01/fifty-shades-freed-peter-rabbit-clint-eastwood-1517-to-paris-1202245710/|title=‘Fifty Shades Freed’ Looks To Lead Pre-Valentine’s Day Weekend With Around $40M – B.O. Forecast|accessdate=2018-01-24}}</ref>、この予測は的中した。2018年2月9日、本作は全米3768館で封切られ、公開初週末に3856万ドルを稼ぎ出し、週末興行収入ランキング初登場1位となった<ref>{{Cite web|url=http://www.boxofficemojo.com/weekend/chart/?yr=2018&wknd=06&p=.htm|title=February 9-11, 2018|accessdate=2018-02-16}}</ref>。なお、この数字は前作の公開初週末興行収入(4660万ドル)を大きく下回るものであった<ref>{{Cite web|url=http://www.boxofficemojo.com/weekend/chart/?yr=2017&wknd=06&p=.htm|title=February 10-12, 2017|accessdate=2018-02-16}}</ref>。
 
==評価==
本作は批評家から酷評されている。映画批評集積サイトの[[Rotten Tomatoes]]には138件のレビューがあり、批評家支持率は12%、平均点は10点満点で3.1点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『フィフティ・シェイズ・フリード』はフィフティ・シェイズ三部作に不格好な終幕をもたらした。三部作はモヤモヤしたまま[[三人婚]]へと至った。」となっている<ref>{{Cite web|url=https://www.rottentomatoes.com/m/fifty_shades_freed|title=Fifty Shades Freed|accessdate=2018-03-01}}</ref>。また、[[Metacritic]]には43件のレビューがあり、加重平均値は31/100となっている<ref>{{Cite web|url=http://www.metacritic.com/movie/fifty-shades-freed|title=Fifty Shades Freed (2018)|accessdate=2018-03-01}}</ref>。なお、本作の[[シネマスコア]]はB+となっている<ref>{{Cite web|url=http://deadline.com/2018/02/fifty-shades-freed-peter-rabbit-1517-to-paris-weekend-box-office-1202283099/|title=‘Fifty Shades Freed’ Builds E.L. James Trilogy To $1 Billion Climax; ‘Peter Rabbit’ Bounces To $25M Opening – Sunday AM|accessdate=2018-03-01}}</ref>。
 
==出典==
 
==外部リンク==
* {{official website|http://www.fiftyshadesmovie.com/}} {{en icon}}
* {{IMDb title|4477536|Fifty Shades Freed}}
 
21,312

回編集