メインメニューを開く

差分

m
角括弧の2つある外部リンク
[[シャツ]]([[ジャージー (衣類)|ジャージ]])、[[アンダーシャツ]]、[[パンツ]]、[[野球帽|帽子]]、[[靴下|ストッキング]]などによって構成される。
 
チーム全員が揃いの服装で試合に臨んだ最初のチームは、近代野球ルールを考案した[[アレキサンダー・カートライト]]が[[1845年]]に結成した{{仮リンク|ニューヨーク・ニッカーボッカーズ|en|New York Knickerbockers|label=ニューヨーク・ニッカーボッカーズ}}である<ref name="19cbaseball">{{cite web| url=http://www.19cbaseball.com/equipment-2.html| title=Evolution of Baseball Equipment: The Uniform| publisher=19th Century Baseball| accessdate=2012-03-23}}</ref>とされるが、現在の野球ユニフォームのルーツとなるスタイルが確立されたのは19世紀末のことである。
 
ユニフォームの[[レプリカ]]や派生したブランド商品の売り上げは、[[プロ野球|プロ]]チームの大きな収入源となっている。
[[File:New york knickerbockers 1858.jpg|thumb|right|250px|ニューヨーク・ニッカボッカーズ(向かって左)と対戦相手のチーム<ref>ブルックリン・エクセルシオールという説がある</ref> 1858年]]
[[File:1868 Reds.jpg|thumb|right|250px|シンシナティ・レッドストッキングス 1868年]]
1849年4月4日の試合において、ニューヨーク・ニッカボッカーズが史上初めて揃いのユニフォームを着用した。その時の服装は青いウールのズボンと白い[[フランネル]]のシャツ、そして[[麦わら帽子]]であった<ref name="19cbaseball"/><ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/introduction.htm| title=National Baseball Hall of Fame - A History of the Baseball Uniform - Introduction| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2008-06-14| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080724155711/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/introduction.htm| archivedate= 24 July 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
ニッカボッカーズのユニフォームはその名称とは裏腹にくるぶしまである通常の長ズボンであったが、現在まで続く膝丈のパンツにストッキングという様式を初めて採用したのが1867年に誕生した[[シンシナティ・レッドストッキングス]]である。レッドストッキングスは最初のプロ野球チームとして各地を興行し、その後の野球ユニフォームのスタイルを決定づけた。
ユニフォームを着用するという慣習はすぐに広まり、1900年までに全ての[[メジャーリーグベースボール]]チームが採用した<ref name="baseball-almanac">{{cite web| url=http://www.baseball-almanac.com/articles/uniforms.shtml| title=Baseball Uniforms of the 20th Century by Baseball Almanac| publisher=Baseball Almanac| accessdate=2008-05-02| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080509195105/http://www.baseball-almanac.com/articles/uniforms.shtml| archivedate= 9 May 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
1880年代には、ポジションごとに異なる色や柄のユニフォームを着用し、ストッキングの色のみで所属チームを識別するという試みも行われたが定着しなかった
<ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1882.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Timeline |publisher=National Baseball Hall of Fame|accessdate=2008-05-11| archiveurl= http://web.archive.org/web/20080405065530/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1882.htm| archivedate= 5 April 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。<!-- Was it the stockings that reflected the different positions, or the whole uniform? Article implied the former, so I left it that way -->
1888年には[[ナショナルリーグ]]の[[デトロイト・ウルバリンズ]]と[[ワシントン・ナショナルズ (1886-1889年)|ワシントン・ナショナルズ]]、また[[アメリカン・アソシエーション]]のブルックリン・ブライドグルームス(現[[ロサンゼルス・ドジャース]])が初めてストライプのユニフォームを使用した<ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/database.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Uniform Database| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2008-05-02| last= | first= | archiveurl= http://web.archive.org/web/20080411043828/http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/database.htm| archivedate= 11 April 2008 <!--DASHBot-->| deadurl= no}}</ref>。
レッドストッキングスが採用したことで初期の標準形となっていた胸当て付きのシャツは1897年のボストン・ビーンイーターズ(現[[アトランタ・ブレーブス]])を最後に姿を消し、以降は現在にまで続くシングルブレストのボタンフロントが主流となっていった<ref>[[http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1897.htm A History of Baseball Uniform - National Baseball Hall of Fame]]</ref>。
 
=== ホーム用とビジター用 ===
プロ野球の球団はホーム及びアウェイ用に2種類以上のユニフォームデザインを用意しており、原則として[[ホーム・アンド・アウェー|ホーム]]用にニックネーム、[[ホーム・アンド・アウェー|ビジター]]用に球団名や地域名を入れている。
 
19世紀の終わりまでに、本拠地の[[野球場]]での試合(ホーム)用と相手チームの球場での試合(ビジター)用の2種類のユニフォームを使い分けるという慣習が定着した。ホームでは白いユニフォーム、ビジターではグレーや無地の紺、黒などのユニフォームを着ることが一般的となった<ref name="baseball-almanac"/>。この習慣の初期の例として1907年にビジター用として青いデザインのユニフォームを使用し始めたブルックリン・スーパーバス(現[[ロサンゼルス・ドジャース]])が挙げられる<ref name="baseball-almanac"/>。
 
1916年には[[サンフランシスコ・ジャイアンツ]]のビジター用ユニフォームに紫の線の[[タータン]]柄が登場し、他の種類のビジター用ユニフォームは無地の紺、もしくは黒の生地で周りが白いものだった。カンザスシティ・アスレチックス(現[[オークランド・アスレチックス]])のホーム用、ビジター用のユニフォームは1963年に[[チャーリー・O・フィンリー]]によって金色と緑色に変更された<ref>{{cite news|
url=http://www.time.com/time/magazine/article/0,9171,917734-7,00.html| title=Charlie Finley: Baseball's Barnum| publisher=Time| date= August 18, 1975| accessdate=2008-06-28}}</ref>。一部のチームは1970年代から1990年代初頭にかけて水色のビジター用ユニフォームを使用した<ref name="baseball-almanac"/>。初期のストライプ模様はユニフォームの長さに合わせて、ピンストライプ(細縞)と呼ばれる長いストライプ模様に発展した。1907年にメジャーリーグの一部のチームが初めてこのピンストライプを採用し、観衆がよりはっきり選手達を見えるように1912年に広まった<ref name="baseball-almanac"/>。
 
ブルックリン・ブライドグルームスは1889年にチェック柄のユニフォームを使用し、それを1907年(スーパーバス時代)と1916-1917年(ロビンス時代)に復活させた<ref name="dttn_jerseys">{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/jerseys.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Parts of the Uniform| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2008-05-02| last=| first=}}</ref><ref>{{cite web| url=http://exhibits.baseballhalloffame.org/dressed_to_the_nines/timeline_1916.htm| title=National Baseball Hall of Fame - Dressed to the Nines - Timeline| publisher=National Baseball Hall of Fame| accessdate=2012-03-23| last=| first=}}</ref>。サテン([[本しゅす]])のユニフォームは繊維の光沢がより光を反射して見やすいので、ブルックリン・ドジャースを含む複数のチームによって[[ナイター]]のために開発された<ref name="dttn_jerseys"/>。
 
=== 背番号 ===
試合用のユニフォームには、選手を識別するために[[野球の背番号|背番号]]が入れられる。[[プロ野球]]においては個人名を入れることも一般的である。
 
1916年には[[クリーブランド・インディアンス]]が初めてユニフォームに番号をつけた。番号はホーム用ユニフォームの左袖だけにつけられた<ref>Okkonen, p.&nbsp;36, p.&nbsp;120</ref><ref name="baseball-almanac"/>。1929年にはニューヨーク・ヤンキースとクリーブランド・インディアンスが初めて番号をユニフォームの背中につけた。1932年までにメジャーリーグの全てのチームが選手達のユニフォームに番号をつけるようになった<ref name="baseball-almanac"/>。1952年にはブルックリン・ドジャース(現[[ロサンゼルス・ドジャース]])がユニフォームの前面に番号をつけた初めての野球チームとなった<ref name="baseball-almanac"/><ref name="dttn_jerseys"/>。
 
[[野球の背番号|背番号]]は通常1桁ないし2桁だが、日本プロ野球で[[育成選手制度 (日本プロ野球)|育成選手]]として登録される選手は3桁の番号をつけることになっている。メジャーリーグのチームは概して春の練習で、レギュラーシーズンの[[ロースター (MLB)|ロースター]]には登録されそうにない選手に数字が大きい番号(#50以上)を割り当てる。したがって数字の小さい番号は一流選手の証と考えられるが、数字の大きい番号を好んでつけるベテラン選手も少なくない。50台以上の背番号で[[アメリカ野球殿堂]]に殿堂入りした選手は、ブルックリン・ドジャースとロサンゼルス・ドジャースで#53をつけた[[ドン・ドライスデール]]と、[[シカゴ・ホワイトソックス]]で#72をつけた[[カールトン・フィスク]]の二人である。
{{see also|野球帽}}
[[File:Gorra MLB.JPG|thumbnail|left|オークランド・アスレチックスの野球帽]]
<!--キャップもしくは日よけがついた他の種類のかぶり物は最初から野球ユニフォームの一部だった<ref name="csmonitor">{{cite web| url=http://www.csmonitor.com/1999/0921/p23s2.html| title=A short history of the baseball cap| publisher=The Christian Science Monitor| accessdate=2012-03-23| last=Atkin| first=Ross}}</ref><ref>{{cite news| url=http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/magazine/3660333.stm| title=Happy 50th, baseball caps| accessdate=2008-05-02| last=| first= | date=2004-04-27 | work=BBC News}}</ref>。--><!--直後の記述と矛盾します-->
1840年代から1870年代にかけてはかぶり物に関する公式なルールがなかったために、野球選手は様々な種類の帽子をかぶったり、もしくは何もかぶらずにプレイした<ref>{{cite web| url=http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20070827&content_id=2174187&vkey=news_mlb&fext=.jsp&c_id=mlb| title=Celebrating the rich history of baseball caps| publisher=mlb.com| accessdate=2008-06-29}}</ref>。この当時に使用された帽子の例としては、全面に縁がある[[麦わら帽子]]の[[カンカン帽]]、{{仮リンク|乗馬用ヘルメット|en|Equestrian helmet}}、[[キャスケット]]、頭頂部が平らな[[野球帽#ピルボックスキャップ|ピルボックス・キャップ]](フラットトップ・キャップ)などが挙げられる<ref name="csmonitor">{{cite web| url=http://www.csmonitor.com/1999/0921/p23s2.html| title=A short history of the baseball cap| publisher=The Christian Science Monitor| accessdate=2012-03-23| last=Atkin| first=Ross}}</ref>。
 
[[File:Willie Stargell 1979.jpg|thumb|200px|right|1979年、ピルボックス・キャップを被るピッツバーグ・パイレーツの[[ウィリー・スタージェル]]。]]
1860年前後に、ブルックリン・エクセルシオールは現代の野球帽の原型となる丸い形状の頭頂部と目庇という独特の特徴を持った帽子を導入した<ref name="csmonitor"/><ref>{{cite news| url=http://www.usatoday.com/sports/baseball/2006-07-25-cap_x.htm| title=Baseball cap has endured generations as the all-American hat| publisher=USA TODAY| accessdate=2012-03-23| first=Steve| last=DiMeglio| date=2006-07-27}}</ref>。1870年代には円筒部に水平のストライプが数本あしらわれたピルボックス・キャップが多くのチームで流行した。しかし、20世紀の初頭までには「ブルックリン・スタイル」と呼ばれたエクセルシオール型の帽子が一般的となり、1940年代にはほぼ現在と同じ形状の野球帽として定着した。クラシカルなピルボックス・キャップは1916年のニューヨーク・ジャイアンツ(現[[サンフランシスコ・ジャイアンツ]])などいくつかのチームで散発的に復刻されたが、余り長くは定着しなかった。1976年には[[ナショナルリーグ]]創立100周年を記念して、[[ニューヨーク・メッツ]]、[[フィラデルフィア・フィリーズ]]、[[ピッツバーグ・パイレーツ]]がピルボックス・キャップを復活させているが、特にパイレーツはこの帽子を佩用して[[1979年のワールドシリーズ]]を制し、その後も[[1986年のメジャーリーグベースボール|1986年シーズン]]まで採用しており、パイレーツは野球におけるピルボックス・キャップの代名詞ともいえる存在となった<ref>[http://www.uni-watch.com/2007/08/01/it-balances-on-your-head-just-like-a-mattress-balances-on-a-bottle-of-wine/ It Balances on Your Head Just Like a Mattress Balances on a Bottle of Wine] - uni-watch.com、2007年8月1日。</ref><ref name="baseball-almanac"/>。ピルボックス・キャップは、日本においても[[大阪府立市岡高等学校]]や[[愛知県立旭丘高等学校]]などが伝統的に採用している<ref>[http://ichioka-bbc.com/ 市岡高校硬式野球部]</ref><ref>[http://asahi-bc.net/ 愛知一中旭丘高校野球倶楽部]</ref>。
 
=== シャツ ===
=== 胸マークとロゴ ===
[[Image:Jim Creighton Excelsior.JPG|thumb|right|150px|古字体の"E"の文字が描かれたブルックリン・エクセルシオールのユニフォーム [[ジム・クレイトン]] 1860-1862年頃]]
ごく初期には、最初のプロ野球チームであるシンシナティ・レッドストッキングスに倣って胸の部分に古字体でイニシャルを配するデザインがよく使われた。このスタイルは[[デトロイト・タイガース]]に残っており、彼らのホーム用シャツにはゴシック体の”D”“D”が書かれている。
 
ニックネームはメディアがつけた非公式なものから始まったが、1900年代初頭にはこれを市場戦略の一環として積極的に取り入れ、マスコットキャラクターとして採用する例も登場し始めた。初期の例としては、1901年のデトロイト・タイガースの帽子に赤い小さなトラが描かれたり、1907年には子熊のマークがシカゴ・カブスのユニフォームに描かれたりした。
 
=== その他 ===
* [[2004年]]オフに[[オリックス・バファローズ|オリックス・ブルーウェーブ]]が[[大阪近鉄バファローズ]]との吸収合併で誕生した[[オリックス・バファローズ]]の新ユニフォームは、ホーム用はオリックスの「BlueWave」を同じ書体で「Buffaloes」に変更しただけで、ビジター用はほとんど従来と同じであった。それを見た旧近鉄選手やファンなどからの批判もあり、急遽[[大阪ドーム]]用のユニフォームを作成し、当初のホーム用は[[神戸総合運動公園野球場]]や地方開催の主催ゲームで使うことになった。大阪ドーム用ユニフォームは帽子と胸の左側部分に、従来とは異なるデザインの紺に黄色の縁取りがある「Bs」マークを使用。ロゴは水牛の角をモチーフにデザイン。前立てにはブルーウェーブ時代のユニフォームと同様に紺のラインが入っている。また紺のラグランスリーブと袖口の赤いラインに近鉄のイメージが残るように配慮されている。ラグランスリーブは1974年から1996年までの近鉄バファローズのユニフォームに使用され、赤は近鉄のチームカラーだった。翌2006年には、神戸用ユニフォームも、ロゴを大阪用と同一に変更した。
* [[横浜DeNAベイスターズ]]は、横浜ベイスターズ時代の[[2004年]]から毎年夏季限定ユニフォームを使用している(非実施の年度もあり)。2012年からは「YOKOHAMA STAR☆NIGHT」と銘打っている。
* [[福岡ソフトバンクホークス]]は、[[2006年]]から毎年「[[福岡ソフトバンクホークス#鷹の祭典|鷹の祭典]]」と題して、東京・大阪・北九州で各1試合、福岡で数試合着用する限定ユニフォームを使用している(一部のビジターゲームで着用することもある)。
| {{Flagicon|JPN}} [[デサント]] ||広島(ビジター)、[[横浜DeNAベイスターズ|DeNA]]、[[オリックス・バファローズ|オリックス]]
|-
| {{Flagicon|USA}} [[アンダーアーマー]] || [[読売ジャイアンツ|巨人]]
|-
| nowrap|{{Flagicon|USA}} [[マジェスティック・アスレティック]] || [[東北楽天ゴールデンイーグルス|楽天]]、[[福岡ソフトバンクホークス|ソフトバンク]]、[[埼玉西武ライオンズ|西武]]、[[東京ヤクルトスワローズ|ヤクルト]]、[[千葉ロッテマリーンズ|ロッテ]]
|}
 
 
{{野球}}
 
{{DEFAULTSORT:やきゆうゆにふおおむ}}
[[Category:ユニフォーム]]
65,103

回編集