「大江磐代」の版間の差分

編集の要約なし
'''大江 磐代'''(おおえ いわしろ、[[延享]]元年([[1744年]])- [[文化 (元号)|文化]]9年[[12月9日 (旧暦)|12月9日]]([[1813年]][[1月11日]]))は、[[日本]]の[[皇族]]。[[閑院宮典仁親王]]の[[女房]]。[[光格天皇]]の生母で、[[明治天皇]]の[[続柄|高祖母]]にあたる。
 
== 生涯 ==
[[延享]]元年([[1744年]])に[[伯耆国]]倉吉([[鳥取県]][[倉吉市]])で、[[鳥取藩]]の[[家老]][[荒尾氏]]の家臣だった父・[[岩室宗賢]]と、鉄問屋の娘であった母・おりんとの間に生まれる。幼名はおつる。
 
9歳のときに[[浪人]]して[[開業医|町医者]]となっていた父・宗賢とともに[[京都|京]]に上がる。養女となり[[櫛笥家]]に仕えるなどの経緯をへて、十代のころには[[橘氏|橘姓]]を名乗り「大江留子」として[[籌宮成子内親王]]の[[侍女]]となった。
 
その後、成子内親王が[[閑院宮典仁親王]]に嫁ぐと磐代も[[女房]]として親王の寵愛を受け、三人の皇子をもうけた。その長男で閑院宮典仁親王第六王子・師仁親王は、皇子のいなかった[[後桃園天皇]]の第一皇女・[[欣子内親王]]を[[中宮]]に迎え即位した。天皇の生母としては、当時では異例の出自の低さであった。
典仁親王没後は出家して蓮上院となり、次男で[[聖護院]]門跡宮家を継いでいた閑院宮典仁親王第七王子・盈仁入道親王のもとで暮らした。父・[[岩室宗賢]]もその縁で家臣に取り立てられ[[法橋]]の位を与えられていた。
 
[[文化 (元号)|文化]]9年([[1812年]])に69歳で没し、[[盧山寺]]に葬られた。[[1878年]]に[[従四位]]、[[1902年]]に[[従一位]]を贈られた。
 
== 系譜 ==