「エフェソス強盗会議」の版間の差分

m
仮リンク追加
m (仮リンク追加)
'''エフェソス強盗会議'''(エフェソスごうとうかいぎ、エフェソ陰謀公会、第2エフェソス公会議とも)は、[[449年]]に[[小アジア]]の[[エフェソス]]で行われた[[キリスト教]]の会議である。[[448年]]の[[コンスタンティノポリス]]地方公会で異端とされた{{仮リンク|エウテュケス|en|Eutyches}}は教義の撤回を拒み破門されたため、エウテュケスの後援者の[[アレクサンドリア総主教庁|アレクサンドリア総主教]]{{仮リンク|ディオスコロス|en|Pope Dioscorus I of Alexandria}}は[[東ローマ皇帝]][[テオドシウス2世]]の側近を動かし、エフェソスでの公会議を開く許可を得て、エウテュケスの教義を正当化し、[[コンスタンディヌーポリ総主教庁|コンスタンティノポリス大主教]]<ref>コンスタンティノープルの「ローマと同等の特典」は、これより直後(451年)の[[カルケドン公会議]]規則第28条で確立しているが([http://www.ccel.org/ccel/schaff/npnf214.xi.xviii.xxviii.html NPNF2-14. The Seven Ecumenical Councils - Christian Classics Ethereal Library])、「総主教」の称号は449年当時も、また451年当時も、未だ条文に使われておらず、同規則第28条条文においても称号は「コンスタンディヌーポリ大主教」である。</ref>{{仮リンク|フラウィアノス|en|Archbishop Flavian of Constantinople}}をエフェソスに流刑に処した。強盗会議の名は、当時の[[ローマ教皇]][[レオ1世 (ローマ教皇)|レオ1世]]が東ローマ皇帝テオドシウス2世の姉{{仮リンク|プルケリア|en|Pulcheria}}に送った書簡に初出する。
 
== 脚注 ==
270

回編集