「フラッシュ・ゴードン」の版間の差分

m
コミック・ストリップ:、バスター・クラブ主演:、→‎1980年版: +tmp
m (コミック・ストリップ:、バスター・クラブ主演:、→‎1980年版: +tmp)
 
== コミック・ストリップ ==
初出は1934年1月7日で日曜版の連載だった。作者は画家の[[{{仮リンク|アレックス・レイモンド]]|en|Alex Raymond}}、のちにドン・ムーアが物語作者として加わる。1940年には週日連載版も開始された。長期にわたる連載には多くの作家や画家がかかわっており、[[ハリー・ハリスン]]や[[フランク・フラゼッタ]]もその中の一人である。
 
物語は冒険家フラッシュ・ゴードンと恋人のデイル・アーデンがザーコフ博士の発明したロケットで惑星モンゴに向かうところから始まる。モンゴは冷酷な皇帝ミンに支配されており、彼らは皇帝軍を敵にまわして戦う。
 
スペースオペラのコミック・ストリップとしては当時『[[{{仮リンク|バック・ロジャース]]|en|Buck Rogers}}』が人気だったが主流ではなかった。『フラッシュ・ゴードン』はアレックス・レイモンドの素晴らしいアートワークとあいまって人気を博し、のちのスペースオペラにも大きな影響を与えた。
 
== 映画 ==
=== バスター・クラブ主演 ===
1930年代に[[{{仮リンク|バスター・クラブ]]|en|Buster Crabbe}}主演で[[連続活劇]]として映画化され人気を博し続編も作られた。これらはその後、編集版も作られくり返し上映された。製作はいずれも[[ユニヴァーサル映画]]。
 
*超人対火星人 (''Flash Gordon'') - 1936年製作、全13編
 
=== 1980年版 ===
1980年に、[[ディノ・デ・ラウレンティス]]の製作により米[[ユニバーサル]]で映画化。主演はサム・ジョーンズ。デイル・アーデン役はメロディ・アンダーソン。ほかに、[[マックス・フォン・シドー]](ミン皇帝)、[[トポル]](ザーコフ博士)、[[ティモシー・ダルトン]]、[[オルネラ・ムーティ]]などが配役された。監督は[[{{仮リンク|マイク・ホッジス]]|en|Mike Hodges}}
{{seeSee|フラッシュ・ゴードン (映画)}}
音楽は、[[クイーン (バンド)|クイーン]]が担当した。主題歌「[[フラッシュのテーマ]]」などを含む[[サウンドトラック]]アルバムは、イギリスでは[[1980年]][[12月8日]]、[[日本]]では[[1981年]][[1月25日]]に発売されている。
{{seeSee|フラッシュ・ゴードン (アルバム)}}
 
== エピソード ==