メインメニューを開く

差分

編集の要約なし
フランス音楽界に17歳でデビューし当初はアメリカン・ロックのフランス語カバーを歌いハスキー・ヴォイスと容姿やファッションで一躍若者のアイドルとなる。1963年19歳で初渡米。アメリカ・ナッシュヴィルのRCA本拠地で国内外で大ヒットとなる「La plus belle pour aller danser(踊りに行く一番の美人)」(邦題「アイドルを探せ」)収録のアルバム第3作「Sylvie à Nashville」をエルヴィス・プレスリーのオーケストラやコーラスと共に直接同時録音。又1965年まで憧れていたニューヨークを頻繁に訪れ有名TV番組に出演する。1965年5月初来日。前月4月に20歳で21歳のロック歌手ジョニー・アリディと結婚 - アイドル同士の結婚はファンのイメージを壊すとのマネージャーの忠告に <ref>2005年来日公演プログラム(在仏ジャーナリスト木立玲子)</ref> 《アイドルという職業はない》 と反論。音楽レパートリーはロックからジャズやバラードまで広くダイナミックな公演活動をするエンターテイナー。1970年からニューヨークやロサンゼルスでダンスに励み2004年迄はアクロバットなタンゴから空中ダンスやタップダンス含め様々なダンス・シーンを織り交ぜた豪華絢爛スペクタクルを興行。デビュー以来、現在までコンスタントに新譜を発表し新譜をテーマにコンサート活動を繰り広げている。1960年代デビューのスター歌手の中で稀有な存在である。2013年は50年ぶりにキャリアの原点であるナッシュヴィルに戻りCountry Rockをテーマに新譜「SYLVIE IN NASHVILLE」を録音。
 
*1944年8月15日 [[ブルガリア]]で誕生(父Georges Robert Vartan、母Ilona)
*1952年12月 8歳でフランス・パリへ家族で移住
*1961年 17歳を迎える年の春、RCA音楽プロデューサーの兄エディ・ヴァルタンに懇願され代役で初レコーディング。11月RCAと契約
*1963年3月 初渡米、アルバム「Sylvie à Nashville」をナッシュヴィルRCA本拠地にてレコーディング
*1964年 「La plus belle pour aller danser(邦題:[[アイドルを探せ]])」大ヒット、オランピア劇場でビートルズと共演
*1965年 20歳でロック歌手[[ジョニー・アリディ]]と結婚 (1980年11月離婚)、5月世界コンサート・ツアーの一環で初来日し全国ツアー
*1968年4月 自動車事故に遭う、「Irrésistiblement([[あなたのとりこ]])」「La Maritza([[想い出のマリザッア]])」大ヒット
*1969年 イタリアTVシリーズ・ショウ番組主演「Doppia Coppia」
*1970年2月 2度目の自動車事故に遭う、9月にオランピア劇場公演、「[[悲しみの兵士]] / Les hommes qui n'ont plus rien à perdre」日本で大ヒット
*1975年 パレ・デ・コングレ初公演、イタリアTVシリーズ・ショウ番組主演「Punto e Basta」
*1979年 アルバム「I don't want the night to end(アメリカン・ナイト)」全曲英語盤発売
*2013年10月 アルバム「Sylvie in Nashville」発売(2013年5月ナッシュヴィル録音)
*2015年9月 演劇初主演「Ne me regardez pas comme ca」
*2017年9月 [[オランピア劇場]]公演
 
== 来歴 ==
240

回編集