「パスワード (コンピュータゲーム)」の版間の差分

編集の要約なし
m
アイコンによる類似の入力方式はナムコの『[[バベルの塔 (ゲーム)|バベルの塔]]』などでも使われている。
 
パスワードという名称を最初に使用したのは[[1985年]]8月に発売された[[アクションロールプレイングゲーム]]の原典である『[[ハイドライドシリーズ#ハイドライド|ハイドライド]]』([[T&E SOFT]])[[MSX]]版の[[ロムカセット|ROMカセット]]からである。
 
当初、1985年3月に、[[コンパクトカセット|カセットテープ]]([[データレコーダ]])用でMSX版の『ハイドライド』を発売していた。当時カセットテープ用のソフトを動かすには[[メインメモリ]]が32KB(キロバイト)以上必要だったのだが、MSXのメインメモリは最も少ない機種で8KB、低価格帯の機種では16KBしかなく、ROMカセット用のソフトしか動かすことができなかった。ROMカセットでは[[Static Random Access Memory|SRAM]]を使ったバッテリーバックアップしか方法が無かったのだが、当時の状況ではカセットにSRAMを搭載すると価格が極端に高価になるため採用できなかった。
匿名利用者