「ロックアウト (2012年の映画)」の版間の差分

ハイデルは放送で「人質を殺す」と脅してエミリーから居場所を聞き出し、人質を全員殺してエミリーの元に向かおうとする。ショックを受けたエミリーを連れてスノーは逃げるが、アレックスに見付かり連行される。同じころ、エンジニアが殺された「MS-1」は重力バランスを制御できなくなり、地球に落下を始める。ラングラルは地球に墜落する前に「MS-1」を破壊しようと考えるが、それを知ったアレックスは、エミリーを利用して大統領に攻撃中止を命令させようとするが、エミリーは父に「このまま攻撃して」と伝える。大統領はエミリーがいるため攻撃を止めようとするが、それを見たラングラルは[[アメリカ合衆国憲法修正第25条]]を根拠に大統領権限を剥奪し、攻撃を命令する。
 
アレックスは再度の交渉を試みようとするがハイデルに殺され、彼はエミリーを襲おうとする。そこにスノーが現れてハイデルを殴り倒し、エミリーを連れて宇宙に脱出する。激怒したハイデルと囚人たちが追いかけてくるが、彼らは攻撃隊が仕掛けた爆弾により「MS-1」ごと爆死する。地球に戻ったスノーはエミリーと共に無事に地球へと帰還するが、再び逮捕されてしまうが、。しかし死ぬ直前のメースからケースの隠し場所言葉聞いていた元にエミリーがケースを見付け出し、局長殺しの真犯人がハリーであることが判明し、する。彼は逮捕されスノー釈放される。釈放されたそしてスノーは出迎えたエミリーと共に刑務所を去っていく。
 
== キャスト ==
1,572

回編集