「エポキシド」の版間の差分

編集の要約なし
(ref+1)
 
 
==合成==
多くの場合、過酸化物などによってオレフィンを酸化することで合成される<ref name="ikawa">{{Cite journal |和書|author =伊香輪恒男|title =オレフィンのエポキシ化反応|date =1968|publisher =有機合成化学協会|journal =[[有機合成化学協会誌]]|volume =26|issue =6|doi=10.5059/yukigoseikyokaishi.26.506|pages =506-513|ref = }}</ref>。酸化剤として、実験室レベルでは[[mCPBA]]、[[オキソン]]、金属の[[オキソ錯体]]、[[過酸化水素]]などが利用される。
 
[[Image:Oxidation of alkene to epoxide by peracid.png|250px|center|過カルボン酸によるオレフィンのエポキシ化]]