「ヤン・ヤンセ・ウェルテフレー」の版間の差分

(1個の出典を修正し、0個にリンク切れのタグを追加しました。 #IABot (v1.5.2))
当時の[[李氏朝鮮]]は[[鎖国]]政策を採っていたので、捕虜となった彼らは朝鮮を離れることは許されなかった。ヤン・ヤンセは'''パク・ヨン'''(朴淵/朴燕、{{lang|ko|박연}})という名前を付けられ、政府の重要な役人となった。彼は朝鮮人女性と結婚し、2人の子供を儲けた。
 
ウェルテフレーによると、他の2人は[[丙子の]]中の1636年に死亡した<ref>Gari Ledyard "The Dutch Come to Korea", page 26. Library of Congress Catalog Card Number: 70-177936</ref>。彼らは朝鮮軍として戦っていたと思われる。ハメルは朝鮮軍で、日本人や中国人からなる外国人部隊の隊長を務めていたとされる。
 
1653年に[[ヘンドリック・ハメル]]らが乗った'De Sperwer(「デ・スペルウェール」)'という交易船がジャカルタから[[台湾]]を経由して日本に向かう途中に[[難破]]した。船は朝鮮に漂着し、ヤン・ヤンセが通訳者および相談役として派遣された。ただしこの際、20年にも渡り朝鮮に在住していたウェルテフレーはオランダ語に不自由になっており、ハメルらから改めて習い直している。この時に漂着したハメルら36人のオランダ人は、以降13年間朝鮮に幽閉され、虐待されたが、1666年に生き残っていた彼らのうち8人が[[長崎]]に逃亡した。ヘンドリック・ハメルは朝鮮での滞在について執筆し<ref>ヘンドリック・ハメル『朝鮮幽囚記』生田滋訳、[[平凡社]]〈東洋文庫〉、1969年、ISBN 978-4582801323</ref>、それによって現在我々がウェルテフレーについて知ることができる。のち日本(江戸幕府)の尽力により、生き残って朝鮮に抑留されていたうち、7名が日本を経由してオランダに引き渡された。
匿名利用者