「アクシオン」の版間の差分

→‎概要: +{{仮リンク}}
(→‎概要: +{{仮リンク}})
一方、量子色力学におけるCP対称性の破れは[[中性子]]の[[電気双極子]]などを通して観測できるが、量子色力学では極めて高い精度でCP対称性が成立していることが分かってきた。
この両者の違いは[[標準模型]]の破綻を必ずしも意味しないが、何らかの説明を必要とする不自然なものであると考えられた。
この問題は'''[[:en:Strong CP problem{{仮リンク|強いCP問題]]'''({{|en|strongStrong CP problem}}'''と呼ばれている。
 
'''アクシオン'''は強いCP問題の解決策の一つとして提唱された未発見の粒子である。
アクシオンは[[:en:Peccei–Quinn theory{{仮リンク|Peccei-Quinnペッチェイ・クイン対称性]]|en|Peccei–Quinn theory}}の[[自発的対称性の破れ]]に伴って出現する(擬)[[南部・ゴールドストーン粒子]]である。
Peccei-Quinnペッチェイ・クイン対称性は量子色力学に対して[[量子異常|アノマリー]]を持ち、この性質によりアクシオンは量子色力学の位相を動的に吸収することが可能となっている。
様々な実験や観測を考慮した結果、アクシオンの質量は[[電子]]の約1億分の1以下という非常に微小なものだと考えられている。
 
1,572

回編集